« 御札 | トップページ | お木曳 »

2006年6月10日 (土)

頬紅金雀枝

Phjfile_74

どんよりとした曇り空も徐々に明るくなり陽が射してきました。
 聞こえてくるお木曳行事のエンヤーの掛け声も元気です。雨の昨日出た町は気の毒でした。
一昨日の木香薔薇の近くで珍しい花を咲かせているお宅がありました。

Phjfile_75

画像から探す事の出来る図鑑には載っていないのが多く苦労しましたが、頬紅金雀枝(ホオベニエニシダ)」と判明。
鮮やかな金雀枝は町中で普通に見られますが、その黄色の花の翼弁が赤いからそのような名が付いたのでしょうね。
図鑑にも珍しい花ですと書かれていました。

Phjfile_76

金雀枝類はマメ科だそうですね。
そう云えば豌豆の花の翼弁を細長くしたような形をしています。

(H18/5/28)

|

« 御札 | トップページ | お木曳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 御札 | トップページ | お木曳 »