« ハルシャギク | トップページ | 人参木 »

2006年7月 8日 (土)

ルドベキア (松笠菊)

Img_5626

今日は雨との天気予報にも拘らず晴れて一日が始まりました。 親戚の十年祭(仏式で云う法要)に出席、炎天下の墓地での暑さには閉口しましたが、夕方になり雨が振り出しました。

上の画像は昨日ご紹介した「ハルシャギク」の宮川河川敷公園をバックにして撮影したものですが、よく似た花が宮川堤よりの帰路に咲いていました。

Img_5332

今日、掲示板&談話室で菊子さんが偶然にもご紹介して下さいました。
花名は「ルドベキア」。 「ルドベッキア」と表記している図鑑もありました。
17世紀のスウェーデンの植物学者 「Rudbeck さん」の名前に因んでいるそうですが、こうして後世に名を遺せるのは学者として幸せな事ですね。

2img_5334

別名で「松笠菊(まつかさぎく)」とも言うそうです。
他に「荒毛反魂草(あらげはんごんそう)」。 「コーンフラワー」とも。

Img_5336

「ルドベキア」も「ハルシャギク」と同じく花弁の赤色がより目立つ花がありました。

Img_5337

逆に花弁に赤色が殆ど見えない花もあります。
図鑑を見てみると「ルドベキア」は種類が多く、黄色のみの花弁のものも多種のようでした。

Img_5346

最後の画像はこれも宮川堤からの帰路に撮影した中島小学校の「向日葵」。
菊子さんも仰っていましたが、花の大きさは随分違うものゝ「ルドベキア」は確かに「向日葵」に似ていますね。

<画像拡大可>

|

« ハルシャギク | トップページ | 人参木 »

コメント

わーこれほど沢山のルドベキア、
嬉しいです。
結構色んな花のタイプあるようです。
農家の庭先などにもある花にしては
ハイカラな名が付いていますね。
前は鉢植えも随分売られていましたが、
去年は余り見ていません。
花の世界も流行りがあるのでしょうね。
向日葵ほどに主張が少なく、ちょっと控えめなのが
好感いたします。

投稿: 菊子 | 2006年7月16日 (日) 08:39

 菊子さん ご覧頂き有り難う。
 ルドベキアは夏菊の中でも目を引く花ですね。

 最近はどこのお宅でも花を咲かせる事が普通になってきていますから、流行廃りもまた顕著なようですね。
 紫陽花でも隅田の花火なんか数年前には珍しかったのに今年は随所で見られましたもの。
 撮影はしてあるのですが、記事にしそびれています。

投稿: のぶ | 2006年7月16日 (日) 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハルシャギク | トップページ | 人参木 »