« スプレーマム‘セザンヌ’ | トップページ | グレビレア バンクス (紅花羽衣の木) »

2006年7月16日 (日)

サルビア (緋衣草)

 今日はま~ま~天気予報の通りにどんよりとした曇り空です。
ただ昨日時点での曇り・雨マークの予報が、今日は曇り・晴れマークに変わっていましたから、今は予報の難しい時期なのでしょうね。
                            <全画像拡大可>
 2img_5792

 伊勢市駅の花壇に咲く サルビア です。
 伊勢志摩はまだシーズンには少し早く、タクシーの運転手さんも暇を持て余しています。

 2img_5795

 サルビア は種類が多くてある図鑑を見てみると 「サルビア」 を冠した花名が22も載っていましたが、世界中の熱帯・温帯地方に約700種も存在すると言われています。
 「サルビア属」 はシソ科。 ラテン語の 「salvare(治療)」 「salveo(健康)」 が語源と言われるように、薬用になる種類が多いそうです。 

 別名 緋衣草(ヒゴロモソウ)。 
 6月から11月頃までと実に長い時期咲いています。

 Img_5794

   サルビアの焔に雨やパン作り     堀口星眠
   サルビアの花には倦むといふ言葉  稲畑汀子
   サルビアのどつと暮れたる海のいろ 黒田杏子
   サルビアの赤見て会議場に入る   後藤比奈夫 

 Img_5797
                            <全画像拡大可>

 TIGERに「サルビアの涙」と云う歌がありましたね。

  ‘サルビアの風に吹かれて歩いていこう
           その声も甘い涙も忘れぬよう…’

|

« スプレーマム‘セザンヌ’ | トップページ | グレビレア バンクス (紅花羽衣の木) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スプレーマム‘セザンヌ’ | トップページ | グレビレア バンクス (紅花羽衣の木) »