« 古代蓮 (西光寺) 玉城町田丸 ① | トップページ | 檜扇 (田丸 西光寺) ③ »

2006年7月27日 (木)

胡瓜・茄子の花 ②

天気予報では曇りマークであった今日ですが、雲一つ無い晴天となりました。 正午の室温計は31.7℃です。 屋外は勿論炎暑ですが、木蔭や屋内は風が少しあるのでまだ凌ぎ易い感じです。

今、テレビは高校野球三重大会準決勝の 宇治山田商業高校(伊勢市) 対 三重高校(松阪市)戦 を放映中ですが、わが地元の宇治山田商が6-0で負けています。 

Img_6199

昨日の記事、西光寺蓮池の向かいに小さな畑がありました。

Img_6202

そこに咲いていた 「胡瓜」(キュウリ)の花です 。

日本には平安時代に渡来したそうで、北インド原産。
3000年前から栽培されており、世界でもっとも生食されている。
学名は 「Cucumis sativus」 。 Cucumis(ククミス)は、ラテン語の 「cucuma(壷形の容器)」が語源、と図鑑に載っていました。 

2img_6207

これは 「茄子」(ナス)の花 。 
インド原産、奈良時代の渡来です。
夏に採れる野菜なので 「夏実(なつみ)」 。 それがしだいに変化して 「なすび」、 それが省略されて 「なす」 になったとの説が有力です。

学名は 「Solanum(ソラナム)」 。 ラテン古名の 「solamen(安静)」 が語源にて鎮痛作用を持つものがあることからだそうです。

Img_6209

胡瓜はまだ実をつけておらず、茄子は小さな実が幾つか見られる程度でした。 ま~ありふれた野菜の花ですが、街中の私には見る機会の少ない花です。

たった今、三重高校が10点目を入れて大差となってしまいました。

<画像拡大可>

|

« 古代蓮 (西光寺) 玉城町田丸 ① | トップページ | 檜扇 (田丸 西光寺) ③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古代蓮 (西光寺) 玉城町田丸 ① | トップページ | 檜扇 (田丸 西光寺) ③ »