« ルドベキア (松笠菊) | トップページ | 木槿 »

2006年7月13日 (木)

人参木

────────────────────
ココログの不調及びメンテナンスの為に9日より更新する事が出来ませんでしたが、やっと本日復旧致しました。 日々ご覧頂いてきた皆様には心よりお詫び申し上げます。
____________________

Img_5679

先日 親戚の「十年祭」に参列の為、霊祭講社に出掛けました。

神式の葬儀等を執り行う所が霊祭講社です。 仏式で言えば檀家となっているお寺のような所です。
また七回忌等との法要に当たる祭典が年祭です。 その十年目の祭典(法要)ですから十年祭と云う訳です。

序でに説明すると、祭典には帰幽日より一年の間に行う「式日祭」とその後の「年祭」があります。
「式日祭」は 翌日祭、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭と執り行います。
「年祭」は 一年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、そして五十年祭にて一区切りとなります。
但し親族友人等も霊祭講社に参列するのは五十日祭と年祭のみです。

Img_5681

その折の霊祭講社で紫の花を咲かせた樹を見掛けました。 掲示板&談話室では雰囲気は「桐の花」によく似ているが花名は不確かとして載せたのですが…

Img_5682

Rimg_5686

本ブログで記事を作成するに当たって画像をよく見てみると、「桐の花」に似てはいるものゝ少し違うようだし、葉も違う事に気がつき、図鑑をあれこれ調べてみてやっと見付けました。

その花名は「人参木(ニンジンボク)」。 まず間違いはないでしょう。
中国原産。 葉が薬用人参に似ている事からの名だそうです。


Img_5694

霊祭講社で十年祭を執り行った後、墓地に行って供養しますが、その折に参列者一同が禰宜さんにお祓いをしてもらっているところです。


Img_5726

祭典を無事に終えて料亭「大喜」で会食。
「大喜」は宮内庁御用達の伊勢でも一番古い老舗料亭です。 

Img_5714

夏の風情の懐石です。

<画像拡大可>

|

« ルドベキア (松笠菊) | トップページ | 木槿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルドベキア (松笠菊) | トップページ | 木槿 »