« 落蝉 | トップページ | 薮蘭 (山菅) »

2006年8月27日 (日)

ブーゲンビレア

 雲り空ながら時折陽が覗きます。 正午過ぎの何時もの室温計は29.5℃。 
 かなり涼しく感じ、1、2℃の違いでこうも暑さが変わるものかと今更ながらに驚きます。


Img_6951


 少し距離のある方の銀行へ運動の為にと歩いて行く途中、道の向こう側の商店前に紅い花を咲かせている樹が見えました。


Img_6953


 何の花だろうと車道を渡って行ってみると、紅い色は大きな萼の色でした。 そこから小さな白花が突き出て咲いています。


Img_6954


 一茎の萼から三つの白い小花がつくようです。


Img_6964


 早速調べてみました。
 花名は 「ブーゲンビレア」 。 白粉花科。
 別名 「筏葛」(イカダカズラ)。 南アフリカ原産にて熱帯花木の代表的なものだそうですが、橙色の品種もあるとか。


Img_6958


 昔の歌ですが、小柳るみ子に 「星の砂」 があります。
 好きな歌にて今でも機会があると唄う事がありますが、歌詞に 「ブーゲンビレア」 が登場し どんな花だろうと思っていましたから、今回偶々知る事が出来て嬉しかったです。 


Img_6967


 歌詞を抜粋してみます。

 ‘髪にかざしたブーゲンビリア そえぬ運命に紅く咲く
    海よ 海に流れがあるならば 届けて欲しい 星の砂’
 

Img_6960

Img_6961

Img_6963

 以上蕾の画像三点です。


 帰路、違う道を辿っていると歩道街路樹の根元に色々な花を咲かせています。
 ご近所のお宅が無断で植えているのでしょう。 こう言った事なら無断であっても大歓迎ですね。

 よく見るとここにもまだ小さいながらブーゲンビレアが咲いていました。


Img_7677

Img_7673

Img_7670

              <画像拡大可>

|

« 落蝉 | トップページ | 薮蘭 (山菅) »

コメント

大好きな花です。
薄いピンクもあります。
造花で紙のような感触。
この様にスタンドつくりにすると良いですネ。
私は円形に作るのですが、
蔓がからんで大変になります。
今年は失敗。
見習って来年はスタンド作り挑戦。

南国に行くと年中咲いて美しいです。
沖縄にも結構多くありました。

投稿: 菊子 | 2006年8月28日 (月) 13:45

 菊子さん 南国を代表する花のようですね。
 「星の砂」の歌詞も沖縄と石垣島が舞台です。
 伊勢の友人が言ってましたが、冬に失敗して枯らせてしまったそうです。

投稿: のぶ | 2006年8月28日 (月) 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落蝉 | トップページ | 薮蘭 (山菅) »