« 朝顔 | トップページ | 凌霄花 »

2006年9月 9日 (土)

小海老草

 蒸し暑い日です。 午前中に室温計も30℃を少し越えました。 湿度も高いのでしょう。

 暦には今日9月9日は五節句の一つ「重陽の節句」と書いてあります。 「菊の節句」とも言われ本来は陰暦の9月9日にて、新暦の10月30日にあたりますから菊の節句は実感出来ますね。


      重陽の山里にして不二立てり  水原秋桜子


Img_6926


 近所の銀行への行き返りに通る路地にも四季折々の花が咲いています。


Koebisouimg_7753


 大分前から「小海老草」(コエビソウ)が咲いています。

 学名「Beloperone guttata」から「ペロペロネ」とも。
 Beloperoneはギリシャ語で‘矢のとめ金’の意味にて、花の周りの重なり合った形からだそうです。

 6月頃から咲いていましたから随分と花期の長い花のようです。


Img_6930


 小海老草の名の由来は花を見れば一目瞭然ですね。
 但し海老に似た部分は苞。 先端の小さく白い部分が花です。


Img_6934

Img_6935

Img_6933

              <画像拡大可>

|

« 朝顔 | トップページ | 凌霄花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝顔 | トップページ | 凌霄花 »