« 快晴強風 | トップページ | 十七夜 (立待月) »

2006年10月 8日 (日)

十六夜

 今日も好天ですが風も昨日に続いて強く吹いています。
 昼過ぎての室温22.0℃。 屋内は少しですが肌寒い。

 昨日7日は十六夜でしたが、晴れ渡った夜空に煌々と輝いてまだ真ん丸の月に見えました。
 それもそのはずで、高島暦を見てみると今年は十五夜の6日より一日遅れて7日が満月と載っています。 年によってずれる事があるようです。

 下の十六夜の画像はポケットタイプのデジカメでの撮影ですので、月は小さく また煌々と輝く光に滲んで写ってしまいます。

                           <全画像拡大可>
Img_9712

Img_9700

 十六夜で一番喧伝されている句です。

     十六夜やちひさくなりし琴の爪  鷲谷七菜子

 今度はフラッシュを光らせて撮ってみると、月光の滲みはほゞ消えて実景に近い月が写りました。 まずゝゞの成功でしょう。

 7日が実際の満月と云えども深夜に近い撮影でしたから、改めて画像をよく見てみると ほんの僅かですが心なし楕円のように感じられるのは気のせいでしょうか。


Img_9705

      町中に杜の闇ある十六夜  暢一 

Img_9711

              <全画像拡大可> 

|

« 快晴強風 | トップページ | 十七夜 (立待月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 快晴強風 | トップページ | 十七夜 (立待月) »