« 栗飯 | トップページ | 紫式部の実 »

2006年10月19日 (木)

金木犀

 好天も夕方になって雲が広がってきました。室温25℃と少し高目です。

 今 町中には 「金木犀」 の香が漂っています。 
 近所の駐車場の裏手のお宅の庭にも大きな金木犀の樹があり強く匂います。

      木犀の香や町のどこ歩いても  暢一

                           <全画像拡大可>
Img_9655

 金木犀の開花時期は9月25日頃から10月10日頃までとやけに細かく図鑑に載っていましたが、私の近辺ではまだ咲いています。 確かに花期は短く、いつの間にか見えなくなってしまいますから、あと僅かでしょう。

Img_9759

 金木犀は中国南部の桂林地方原産だそうです。
 中国語で 「桂」 は木犀の事ですから、地名自体が木犀の林と云う意味なのですね。
 木犀には他に銀木犀もありますが余り見掛けません。

Img_9763

      木犀の香や純白の犬二匹  高野素十

Img_9663

     金木犀午前の無為のたのしさよ  石田波郷

Img_9665

 上の画像2枚は午後12時半頃に撮ったものにて、花は完全に開いています。
 下の画像は午前9時過ぎに撮ったものにて、花はまだ閉じています。
 一花々々がごく小さいので拡大画像でしか分かりませんが、金木犀の花は朝から昼頃にかけて開いていくのですね。
 色が違って写っているのは上画像が日陰、下画像が日当たりの時に撮った為です。

Img_9765

              <全画像拡大可>

|

« 栗飯 | トップページ | 紫式部の実 »

コメント

のぶさん、こんにちは。
朝晩はやはり少し肌寒く感じる今日この頃です。
金木犀の花の香りまでしてきそうですねお写真ですね。こちらでは、ひところよりは香りも薄らいだように感じます。
いや~っ、それにしても栗ご飯美味しそう(笑)。

投稿: ななみ | 2006年10月19日 (木) 17:02

 ななみさん 金木犀は伊勢でも樹によっては散り終わっているのもあります。一雨来ると終りなのでしょうね。
 栗ご飯は本当に美味しいのですよ。特におこげが(笑)

投稿: | 2006年10月19日 (木) 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗飯 | トップページ | 紫式部の実 »