« アリッサム | トップページ | 「紅葉(梅香寺)」 & 「食卓の菊」 »

2006年12月 4日 (月)

柿の木&銀杏 (梅香寺)

Img_1809


 今日も冷え込みました。 正午現在で室温計は11.5℃。 
 晴天ですが風が強く千切れ雲が目に見える速さで流れていきます。 12月に入って一気に冬の様相を見せ始めましたね。


      木枯や百面相の千切れ雲  暢一


Img_1740


 10月23日に銀行の隣に建つ梅香寺裏手のたわゝに実る柿の木をご紹介しました。 昨日通り掛かると境内の大銀杏が見事に黄葉して柿の木の向こうに聳えています。


Img_1743


 柿の木はすっかり葉を落とした枯木となり、柿が数個残っているだけでした。 恐らくもう熟柿の状態でしょう。 失敬するには手が届きませんでした。 残念。 


       青空に包まれて柿熟れ残る  暢一


Img_1745


     日あたりや熟柿の如き心地あり   夏目漱石
     かすかにも枝揺れてゐる熟柿かな  清崎敏郎


Img_1744


 梅香寺の境内の楓がいま見事に紅葉しています。 
 昨日の≪フォト俳句(265)≫にてご紹介していますので宜しければご覧下さい。

               <画像拡大可>

|

« アリッサム | トップページ | 「紅葉(梅香寺)」 & 「食卓の菊」 »

コメント

青空に銀杏の黄葉、
眼が醒める位美しいですネ。
多分、柿木が目立って銀杏が
余り見えなかったと想像しました。
銀杏は大きくなる木、
お寺に付きもので、よくお寺から
銀杏の実を頂いたものです。
先日、のぶさんもご存知でしょうが、
白川通りの銀杏並木の中を気持ちよく
通り抜けてきました。
もう散り初めでしたが・・・
あの界隈は京都というよりは
ヨーロッパの何処かの街を思わせる位
美しいです。

投稿: 菊子 | 2006年12月 4日 (月) 18:47

 菊子さん 今晩は。 
 ニフティーのメンテナンスがやっと終り、コメントも書き込み出来るようになりました。数日に亘っての作成・コメント不可は如何かなものかと利用者は皆さん怒っています。

 この大銀杏は梅香寺の象徴的な樹にて遠くからでも聳えているのが望めます。樹齢は分かりませんが、昔々から伊勢の歴史を見下ろしてきた銀杏なのでしょうね。

投稿: のぶ | 2006年12月 7日 (木) 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリッサム | トップページ | 「紅葉(梅香寺)」 & 「食卓の菊」 »