« 朝市 | トップページ | 冬至の柚子 »

2006年12月21日 (木)

今社の御札

 日射しは見られるのですが空の多くが雲に覆われています。 室温計は午後3時々点で11.5℃ですが、起床した折は8℃を指していました。


Img_3120


 今日は近所の今社(イマノヤシロ)の世話役さんが御札を届けに来てくれました。 金五百円也です。
 12月11日にて銀杏黄葉をご紹介した社の御札です。 私は今社の氏子ですから。
 伊勢神宮の御札も薦められるのですが、いつも初詣の折に購うのでお断りしています。

         
        年用意まづ氏神の札祀り  暢一


 伊勢市内の社は伊勢神宮の摂社・末社が多いですが、殆どが古来の産土神が元になっています。
 しかし伊勢神宮の末社ではなく産土神だけを祭る社も多くあります。 
 今社も伊勢神宮の末社ではありませんが、境内には伊勢神宮への遥拝所が建っています。


Img_2153


 今社の画像です。 境内にも大銀杏の老木が聳えていますが、すっかり枯木となりました。
 いま秋篠宮家の悠仁親王殿下ご誕生を奉祝しています。


Img_2155


 同じ境内の今社の社殿横には清川稲荷社が朱も鮮やかに建っています。

 今社と清川稲荷社については下記にて昨年取り上げた事があります。

  ≪フォト俳句(107)≫1/25(№1)今社
  ≪フォト俳句(108)≫1/31(№2)清川稲荷社
  ≪フォト俳句(109)≫2/5(№3)清川稲荷社

               <画像拡大可>

|

« 朝市 | トップページ | 冬至の柚子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝市 | トップページ | 冬至の柚子 »