« 桑名の時雨蛤と各務支考 | トップページ | 魚屋 »

2007年2月 8日 (木)

西洋桜草(プリムラ マラコイデス)

Img_4691


 一年中で一番寒い時期にも拘らず暖かい日が続き、いつもの室温計も午後2時現在14.5℃を指しています。 
 上の画像は再々取り上げている近所の浦の橋商店街を今日の正午頃に撮ったものですが、麗らかな日射しに西洋桜草が咲き まるで仲春の趣です。


       暖冬のことなど少し立話  暢一


Img_4692_1


 一ヶ月以上前に苗が植えられたのですが、幼いながらようやく花の楽しめる時期が来たようです。
 まだ楚々とした花の風情ですが、盛りになると実に華やかに咲き満ちますね。


Img_4695


 西洋桜草プリムラの一種にて別名はマラコイデス。 
 乙女桜、姫桜とも。
 またプリムラは「primos(最初)」が語源にて、 早春 花が他に先駆けて咲くことから付いた名と載っていました。
 花期も長く5月頃まで咲いています。


     プリムラや眩暈のごとく昼が来て   岡本眸


 別に日本種の桜草がありますが、咲き方はもっと楚々と大人しい感じですね。
 でも まだ咲き出したばかりの本画像を見るとよく似ているのが分かります。


Img_4696_1

              <画像拡大可>

|

« 桑名の時雨蛤と各務支考 | トップページ | 魚屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桑名の時雨蛤と各務支考 | トップページ | 魚屋 »