« 岡崎行 | トップページ | 岡本眸先生 第十句集 「午後の椅子」 »

2007年2月15日 (木)

蒲公英(タンポポ)

 好天ですが風もあり寒い日です。 正午の室温計は12℃。 この時期としては普通の気温なのですが、昨日より5℃程低いですから余計に寒く感じるのでしょう。

 今日は西行忌と歳時記に載っています。


   願はくば花の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃


 と詠んでその通り桜の咲く時期に没した事で有名な西行ですから 2月15日が忌日とは?と思いますが、旧暦と知れば納得出来ますね。
 新暦に当てはめると今年は4月2日となり、まさに桜満開の時です。
 昨年 「俳句俳話ノート」にて取り上げましたので クリックの上 宜しければご覧下さい。


Img_4741


 1月末頃から蒲公英が咲き出したと、その早過ぎる開花がニュースにもなっています。
 図鑑を見てみると花期は3月中旬~5月下旬と載っていますから確かに異常な早さです。

 伊勢でも街中を歩いていると、既にあちらこちらの道路の僅かな隙間に蒲公英が咲いています。 生命力の強い花です。


    たんぽぽと小声にいひて見て一人  星野立子


3img_4741


       石畳たんぽぽ一輪咲く隙間  暢一


 近年は見掛ける蒲公英の殆どが西洋蒲公英ですね。 この画像もそうです。
 花の下の萼片が反り返っているのが西洋蒲公英、いないのが日本種の蒲公英ですから、容易に見分けられます。

               <画像拡大可>

|

« 岡崎行 | トップページ | 岡本眸先生 第十句集 「午後の椅子」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岡崎行 | トップページ | 岡本眸先生 第十句集 「午後の椅子」 »