« 側溝工事 | トップページ | 桑名の時雨蛤と各務支考 »

2007年2月 3日 (土)

宣長おかき

 冷え込みましたが、昨日と違って風が無い為に日射しの下では暖かさを感じます。

 今日は節分ですね。 一昨年詠んだ句ですが


     節分の夜更けてわたる風のこゑ  暢一


 節分とは四季折々の季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前日を指す訳ですが、いつの頃からか節分と云えば立春の前日だけを意味するようになりました。 追儺などの行事が盛んに行われる事からでしょうね。


        節分や夕焼の濃き杏色  森澄雄


Img_4285


 節分とは関係ありませんが、ある事のお礼にと菓子を頂戴しました。


Img_4305


 松阪の銘菓にて、松坂らしく宣長おかき
 開けてみると本居宣長さんがずらっと並んでいます。 古事記・源氏物語研究で有名な松阪の国学者です。
 

Img_4310


 袋の宣長像に下記の和歌が添えられていました。


      しき嶋のやまとこころを人とはば
               朝日にひほふ山さくら花


 桜をこよなく愛した本居宣長でした。
 松坂城址の桜に囲まれた本居宣長記念館を中心として満開の時期に宣長春まつり が毎年開催されています。  


Img_4298


 宣長が12歳から亡くなるまで暮らした宅の書斎が 「鈴屋」(すずのや) と呼ばれた事からでしょう。 菓子函には鈴が一つ添えられていました。


Img_4323

|

« 側溝工事 | トップページ | 桑名の時雨蛤と各務支考 »

コメント

のぶさん こんにちは。立春の日差しが心地よく感じられます。桜が咲くまでのこの季節が好きです。本居宣長さんは松坂の人だったのですね。有難うございました。 節分の夜更けてわたる風のこゑ
のぶさんの過去の句を覗かせて頂きました。
よく見えて、格調があり、詩情豊かでいいですね。
初心者の私がいろいろ言うのは変ですね。お許し下さい。
今後共よろしくお願い致します。

投稿: 麗 | 2007年2月 4日 (日) 14:33

立春が過ぎ、特別に午後から
良いお天気です。五年ほど以前
「鈴屋」に行ったのですが、
月曜日でお休みでした。
鳥見には松坂の五主海岸を何度か、
訪れましたが、鈴屋にはまだです。
機会があるでしょうか。

投稿: 菊子 | 2007年2月 4日 (日) 15:55

 麗さん 今晩は。
 立春は穏やかな日曜日となりましたね。
 もっとも俳句を長年詠んでいると立春は一年の内で一番寒い頃と思いますから、この暖かさには戸惑ってしまって 詠み難いですねぇ。
 過去の句、ご覧頂き有り難うございます。ま~20年近くなってきましたので、整理記録して自句の検索をし易いようにとの意図もあります。ぼちぼち古い句から載せていきますので宜敷くお願い致します。 

投稿: のぶ | 2007年2月 4日 (日) 22:42

 菊子さん 今晩は。
 いつもご覧頂き有り難うございます。
 暖かい立春は本当に困ったものです。ま~過ごし易い気候は楽チンで良いのですが…。
 伊勢湾に注ぐ河川には探鳥の名所が多いようですね。
 松坂城址にも行かれた事があるのですね。本居宣長記念館が休館とは残念でした。
 城址は桜と藤が有名ですからまたぜひお越し下さい。

投稿: のぶ | 2007年2月 4日 (日) 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 側溝工事 | トップページ | 桑名の時雨蛤と各務支考 »