« ② 梅 (度会町大野木) | トップページ | ④ 犬のふぐり。繁縷<ハコベ>(度会町大野木) »

2007年3月 7日 (水)

③ 梅 (度会町大野木)

 昨日に続き冷え込みました。 いつもの室温計は正午で10℃です。 この冬の間でも低いほうです。 暖冬とは云え この時期はまだゝゞ油断出来ませんね。
 昨日は啓蟄でしたが、昨年 「俳句俳話ノート」にて短文ですが取り上げました。


       啓蟄や吾が商に休みなく  暢一


Ximg_0120


 前回記事の大野木の梅は昨年も撮影していました。 上の画像がそれです。
 昨年は≪‘のぶ`のフォト俳句≫のみにて使わないまゝ過ぎてしまいましたので、この機会に掲載させて頂きます。


            Img_0120


 撮影は昨年3月15日。 前々回(3月3日)にご紹介した宮川沿いの桜の昨年3月15日の咲き具合は如何と 上画像のように部分拡大をしてみましたが、まだ開花していませんでした。


Img_5529


 今年3月1日撮影の同所の画像も同じく拡大してみました。
 昨年より半月も早い時期の撮影にも拘らず、その桜の違いは歴然です。 今年が如何に早咲きか実感させられますね。


 以下 昨年撮影の画像です。


Img_0123

     Img_0128

          Img_0129

               Img_0138


 バックの枯銀杏が目を惹いたので道路を渡って行ってみると、農家のお庭から見事に聳え立っていました。


Img_0139

            Img_0143


 左側道路沿いにもピンクと白の梅が対に植えられて咲いていました。
 右側には茶畑が広がっています。 後方の山と道路との間が宮川の清流。 
 度会町は三重県でも有数な茶の生産地にて度会茶として知られていますが、現在 三重県産のお茶は伊勢茶とブランド名を統一しています。
 この辺りは山間に小規模の茶畑が無数に点在しているのが特徴です。
 度会町や三重県の茶については一昨年 ≪フォト俳句(175)≫ にて取り上げた事がありました。 

                           <画像拡大可>

|

« ② 梅 (度会町大野木) | トップページ | ④ 犬のふぐり。繁縷<ハコベ>(度会町大野木) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ② 梅 (度会町大野木) | トップページ | ④ 犬のふぐり。繁縷<ハコベ>(度会町大野木) »