« 諸戸氏庭園 (桑名市) & お香 | トップページ | 冠雪の鈴鹿山脈 »

2007年6月 7日 (木)

なまふ (桑名市)

 暑い日となりました。 午後1時過ぎの我が部屋のいつもの室温計は27.1℃を指しています。 陽のあたらない部屋での気温ですから、屋外は30℃を超えている事でしょう。 
 伊勢としては今年一番の暑さです。


                20070602195316


  一昨日の ≪フォト俳句(283)≫6/5 諸戸氏庭園 (桑名市) & お香の記事の通り桑名市に行く機会があった折、市内も少し歩いてみました。


Img_0752_1 市内の町名を見てみると鍛冶町・職人町・油町・殿町・紺屋町・江戸町 等々城下町らしい町名が多くて楽しい。 
 揖斐・長良川畔の町だからでしょうか、北魚町・南魚町と云った町名もあります。

 その南魚町で生麩(なまふ)湯葉(ゆば)だけを商う専門店を見つけました。 
 珍しいなと思いつつ入って買ったのが冒頭の携帯で撮った画像です。
 あんふと云う麩饅頭ですが、ま~味の程は分からないので取り敢えず2個買いました。 

 ‘お買い上げいただきましたこの商品は冷凍になっております。 室温にて解凍してお召し上がり下さいませ。 店主’ の注意書が添えられていました。
 帰宅後に頂きましたが、少しもちゝゝとした生麩と餡との食感は珍しく美味しかったです。 


Img_0753
 お店の名は納屋清
 天保元年創業の老舗。 江戸時代は 「桑名藩御用達 」 だったそうです。


 上の左画像の商品写真部分を拡大してみました。⇒
 実にカラフルですね。


                         <画像拡大可>

|

« 諸戸氏庭園 (桑名市) & お香 | トップページ | 冠雪の鈴鹿山脈 »

コメント

のぶさんこんにちは。お元気にご活躍の事と思います。もう6月ですね。俳句俳話ノート(5月31日)読ませて頂きました。大変深く感銘致しました。のぶさんのご意見に同感です。
右も左も解からない私ですが、良い句作と鑑賞が少しでも高まるよう心がけたいと思いました。梅の実も太りそろそろ梅干し作りです。
梅酒 砂糖梅 味噌梅 カリカリ梅 酢梅
お世辞だと思いますが私の梅干しは紀州のより
美味しいそうです。おだてられ季節を感じながら作ります。

投稿: 麗 | 2007年6月 7日 (木) 15:55

 麗さん こんにちは。
 いつもご覧頂き有難うございます。言うは易し行うは難しの精進向上ですねぇ。自戒の日々です。
 もう梅を漬ける時期が近づいてきましたか。お楽しみですね。
 実に色々と作られるのですねぇ。紀州より美味しい梅干! 拝見した途端 口中に唾液がじわーと湧いてきました(笑)

投稿: のぶ | 2007年6月 7日 (木) 17:19

麗さん、梅漬けの時機ですね。
私、余り上手ではなく、
今もって頂いております。
上手な方を尊敬!

のぶさん、
麩饅頭大好きです。
舌触りの良さがなんと表現したら
良いのでしょうか。
また写真の美しい麩菓子、見事ですね。
ここでも煮物に良く使われる生麩、
栄養価も高く、お年を召した方への
お土産に最高です。
桑名といったら、
蛤しか知りませんでした。

投稿: 菊子 | 2007年6月 7日 (木) 19:30

 菊子さん 今晩は。
 本当に綺麗な麩饅頭でした。 棒状の生麩も負けず劣らずカラフルでしたよ。
 この納屋清の生麩は京風だそうですから、御地が本場のようですね。
 私は初めて知りましたが、母の郷里の金沢では馴染みだったそうです。
 

投稿: のぶ | 2007年6月 7日 (木) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/17232547

この記事へのトラックバック一覧です: なまふ (桑名市):

« 諸戸氏庭園 (桑名市) & お香 | トップページ | 冠雪の鈴鹿山脈 »