« 年越詣&除夜篝(伊勢神宮 外宮) | トップページ | 餃子 »

2008年1月24日 (木)

初暦 と 岡本眸先生のお句

 昨日の23日は東京で2年ぶりの降雪があったと報じられていました。
 伊勢でも終日暖房の無い部屋の気温が10℃以下の冷え込んだ一日でしたが、 21日の月曜日は深夜から未明に降雪があったようで、起床してみると屋根やベランダなどが真っ白でした。 初雪です。 昼までに消えてしまいましたけれど…。

 今朝は風が強くて一段と寒く感じますが、いつもの室温計は午前10時半現在10.5℃を指していますから 昨日よりも室温は2℃ほど高い。
 前回12日の記事では暖かさに温暖化を憂えましたが、大寒の少し前より例年通りの寒さが日本列島を襲っているようですね。

        ----------------------------------------------------

    <全画像拡大可>
Img_7713 今日の記事の見出しは初暦ですが、俳句では新年の季語となっています。
 初暦は 昔であれば歳末に購った伊勢神宮の伊勢暦や、京都の大経師暦、伊豆の三島暦などを新年に初めて見る事を言う季語ですが、現代俳句では新しいカレンダーを初暦として詠む事になりますね。
 初暦を詠んで代表的なのは次の句でしょうか。

    初暦めくれば月日流れそむ  五十嵐播水 


Img_7715 我が部屋を飾る初暦は JT(日本たばこ産業<株>)のカレンダーです。  各月の風景や花の写真の下に小さく俳句が添えられているカレンダーなのですが、今年 平成二十年の一月は富士山の写真と下記の我が師 岡本眸先生の新年のお句でした。 昨年に蛇笏賞を受賞されて一番注目されている俳人の故なのでしょう。


        ひかりは初景色  岡本眸  
 

 岡本眸句集 「流速」 の「物の位置(平成十年)」の項に所収のお句です。 


Img_7712
 私の部屋には他に俳人協会発行のカレンダーも掛かっています。 
 俳人協会の物は時代を代表する俳人の直筆色紙を月毎に掲載しているカレンダーなのですが、一月は又も岡本眸先生の次のお句の直筆色紙でした。

      初電車待つといつもの位置に立つ  岡本眸

 蛇笏賞を受賞された句集 「午後の椅子」 の「いつもの位置(平成十五年)」 の項に所収。
 句集中 「温めるも冷ますも息や日々の冬」と共に最も評判となったお句です。


          

|

« 年越詣&除夜篝(伊勢神宮 外宮) | トップページ | 餃子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/17809185

この記事へのトラックバック一覧です: 初暦 と 岡本眸先生のお句 :

« 年越詣&除夜篝(伊勢神宮 外宮) | トップページ | 餃子 »