« 注連飾り | トップページ | 初暦 と 岡本眸先生のお句 »

2008年1月12日 (土)

年越詣&除夜篝(伊勢神宮 外宮)

 夜来の雨は止みましたが どんよりとした曇り日となりました。 午後の室温計は14.5℃と寒くありません。
 昨日の11日も暖かく コンビニへ出掛けた折 深夜にも拘らずカーディガンだけで十分でした。
 ニュースでは石垣島が夏日であったと伝えていましたが、温暖化の影響がここに来て急激な事を実感させられて危惧せざるをえませんね。

                       <全画像拡大可>
Img_72442

 前回は大晦日の落日と新しい注連飾りを取り上げましたが、その除夜には伊勢神宮外宮年越詣に出掛けました。 外宮へは我が家から歩いて15分程の距離にあります。
 いつもなら 0時前に着くように行くのですが、今年は1時半頃を過ぎて家を出ましたので参拝客はいつもよりも少なく感じました。

 冒頭と下4枚の画像は外宮正面広場の除夜篝です。
 除夜に焚く篝火を‘どんど焼き’と呼ぶ人もおりますが間違いですね。 

 以前にどんど焼きについて他で記述した事がありますので引用してみます。
 『どんど焼きは正式には左義長と言い、‘どんど’はその左義長の囃子詞です。 
 左義長とは「三木張」「三毬杖」が変化したと言われ、1月15日に三本の竹を組んで燃やし 邪気払いの爆竹としたのが始まりにて、いつしかお飾り等を焼くようになっていったそうです。
 そもそもは中国で除夜や元日夕方に行われていた行事からのものだそうですが、やはりどんど焼きと呼ぶのは1月14日夜・15日に行う行事と限定すべきなのでしょう。』

21img_3313 22img_7255 23img_7253 24img_3316

        ----------------------------------------------------

31img_7257

 上の画像は除夜篝の広場から参道へ渡る火除橋辺り。
 火除橋を渡って参道に入ると新玉の年を迎えたばかりの神宮の杜の暗闇は淑気が漲り 厳粛な気分にさせられます。 

 参道の所々には小さな篝火が焚かれ 長い柄の網で餅を焼いている参拝客もいます。 昔は私も子供達と毎年のように長柄の網を持参し、無病息災を祈念しながら焼いて食べたものでした。 
32img_7259

33img_7267

        ----------------------------------------------------

41img_7268 42img_7271 43img_7278

 数ヶ所の篝火に当たりながら参道を進むと間もなく神楽殿の灯りが見えてきます。 神楽殿はご祈祷の神楽を行う御殿ですが、お札やお守りの販売所も兼ねています。
 もっとも販売所と言うのは拙い。 神宮では授与所と称しています。

 御正殿に参拝のあと私はここで福矢(破魔矢)剣祓いの御札を買いました。 いや授与して頂きました。

           51img_7332  52img_7338 

        ----------------------------------------------------

6img_7294

 御正殿です。 実際はもっと暗く、画像を加工して少し明るくしました。
 
 御正殿は内宮と同じく唯一神明造の古代様式を今に伝えています。
 外宮のこの御正殿は鰹木が9本、4本の千木の先端は垂直に切られています。
 内宮の御正殿は鰹木が10本、千木の先端は水平に切られれている等と外宮と内宮では細部に違いが見られます。

 また内宮の正式名称は皇大神宮。 皇室の始祖の天照大神をお祀りしています。 
 外宮の正式名称は豊受大神宮。 天照大神のお食事を司る神である豊受大神をお祀りしています。 衣食住をはじめあらゆる産業の守り神です。

 遠来の初詣客の多くが内宮のみの参拝にてお帰りになりますが、伊勢市中心部にあるこの外宮もぜひ立ち寄ってみて下さい。 内宮よりも静かなこじんまりとした杜の中の外宮は より古代の雰囲気と淑気を体感出来る事でしょう。 

61img_7281 62img_7297 63img_7293

 参拝のあと御正殿横にある神酒授与所でお神酒を頂き、帰路はまた所々の篝火に立ち寄りながら 西口の北御門に向かいました。

        ----------------------------------------------------

7img_7300


               淑気満暁闇砂利音  暢一


81img_7304 82img_7303

        ----------------------------------------------------

9img_7226
 外宮へ向っていた道筋の事ですが、町寺の楼門が鐘楼にもなっていて 人々が並んで順番に除夜の鐘を撞いていたので立ち寄ってみました。 

 寺の名は常照寺

 ご近所ながら立ち寄った事の無いお寺でしたので入ってみました。
 檀家の方々が酒を振舞ったり、ドラム缶の焚き火で暖をとっていたりしています。
 
 本殿も解放されていたので手を合わせてきましたが、中々立派な須弥壇でした。

 92img_7228 93img_7232 94img_7230

                        <全画像拡大可>

|

« 注連飾り | トップページ | 初暦 と 岡本眸先生のお句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/17661012

この記事へのトラックバック一覧です: 年越詣&除夜篝(伊勢神宮 外宮):

« 注連飾り | トップページ | 初暦 と 岡本眸先生のお句 »