« 雪 ③ 月夜見宮 (伊勢市内) | トップページ | 黄砂 (伊勢市内) »

2008年2月20日 (水)

雪 ④ 伊勢平野

1img_8318
                                             <全画像拡大可>

 今日と言っても零時を過ぎて昨日になってしまいましたが冷え込みました。 深夜のいつもの室温計は9℃を指していて、昨夜よりは2℃ほど高くなっています。
 ただ火の気の無いと云えども屋内の室温計ですから、夜の屋外とは随分と温度差があるようです。 先程 コンビニへ行く為に乗った車のフロントガラスは薄く凍っていました。

 前回、三重県全域に激しい降雪のあった9日の翌日10日の月夜宮に於ける雪景色を取り上げましたが、10日はその後 伊勢市駅から前日に続いて近鉄特急に乗り、今度は晴天下の明るい雪の伊勢平野を北上しつゝ楽しむ事が出来ました。 


21img_8464 22img_8386

 朝の8時~9時の間に撮影した画像ですが、掲載順序は伊勢平野の北部からと撮影順とはほゞ逆になっています。

31img_84201 32img_8370

 伊勢平野の東は伊勢湾に面し、西側は北部の鈴鹿山脈から続く山並みが屏風のように南部まで連なっています。 画像は斎宮以外全て西の山側に向けて撮影しました。
 次の掲句は前日9日の雪降る伊勢平野の景を詠んでみました。


              えぬ雪降伊勢平野  暢一         
 

41img_8369 42img_8310


        ----------------------------------------------------


5img_8431

 伊勢市と松阪市の中間に位置する斎宮にあるいつきのみや歴史体験館前の史跡復元が整備されている辺りの画像です。

 斎宮とはその昔 斎王(いつきのひめみこ)の宮殿とそれに仕えた官人の役所寮の地です。 小さいながら都を模した壮麗な建物群がありました。
 伊勢神宮に仕える為に天皇即位の度に選ばれたのが斎王ですが、かならず内親王・女王から占いにより決められました。

61img_8434 62img_8439

 上左画像が いつきのみや歴史体験館の建物ですが、平安時代の歴史や文化・技術等を体験することが出来ます。
 当地周辺では今でも発掘作業が続けられ 貴重な発見が相次いでいます。
 上右画像はその現在発掘中の現場横に咲く菜の花です。

 斎宮については以前 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢にて取り上げた事がありました。 宜しければ下記をそれゞゝクリックの上 ご参照下さい。
              ↓
   ≪フォト俳句(45)≫7/20斎宮(1)
   ≪フォト俳句(46)≫7/22斎宮(2)
   ≪フォト俳句(47)≫7/24斎宮(3)

 
        ----------------------------------------------------


7img_8469

 伊勢市街の西を流れる宮川。 何度も水質日本一に選ばれている三重県下最長の一級河川です。

81img_8471 82img_8470


 下の画像2枚は宮川から伊勢市駅途中の景ですが、左画像に写る工場は(株)横浜ゴム三重工場
 横浜ゴムは1917(大正6)年 横浜に創業しましたが、1944(昭和19)年に第二工場として建てられたのがこの三重工場です。  
 紀伊半島の南部にて配送面から立地条件が悪い為に 大きな工場の殆ど無い伊勢の地にどうして建設されたのか知りませんが、終戦前年と云う時期から推察するに空襲を避けての事かもと想像しています。
 小学生の折 この横浜ゴムの社宅に住む女子と机が隣にて、工場の敷地内のお宅によくお邪魔したした昔々を懐かしく思い出します。   

91img_8479 92img_8475

                       <全画像拡大可>

        ----------------------------------------------------

 今日 2月20日は内藤鳴雪の1926(大正15)年の忌日である「鳴雪忌」です。
 鳴雪は老梅居と号していたので「老梅忌」とも言いますね。

 一昨年に「俳句俳話ノート」で記事にしていますので、下記をクリックの上 宜しければご覧下さい。
            ↓
          『鳴雪忌』

|

« 雪 ③ 月夜見宮 (伊勢市内) | トップページ | 黄砂 (伊勢市内) »

コメント

こんにちは。雪の伊勢平野拝見しました。
鉢に植えたチューリップの芽も出て春はもうすぐです。のぶさんは俳句の先生ですか?
内藤鳴雪って初めて知りました。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 麗 | 2008年2月21日 (木) 10:32

 麗さん こんにちは。
 いつもご覧頂き有難うございます。とても励みになります。
 私は先生などと烏滸がましい立場ではありません(笑) プロフィールに記したようにただの俳人に過ぎませんが、眸先生は‘俳句は一生続けてこそ斯道の光が見えてくる’と仰っているように 長く俳句を詠んでいてこそ判ってくる事もありますので 私の知識の範囲内でお役に立つ事もあろうかと…。

投稿: のぶ | 2008年2月21日 (木) 12:21

こんにちは。いつも勉強させて頂いています。
以前にも書きましたが、私にとっては開く勉強室です。お忙しい事と思いますがよろしくお願い致します。2月もあっと逃げてしまい家事に仕事にと年を重ねています。

投稿: 麗 | 2008年2月21日 (木) 13:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/40190168

この記事へのトラックバック一覧です: 雪 ④ 伊勢平野:

« 雪 ③ 月夜見宮 (伊勢市内) | トップページ | 黄砂 (伊勢市内) »