« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の3件の記事

2008年4月16日 (水)

桜 & 紅葉 (岐阜県 養老の滝)

1img_1378


 今日はどんよりとした曇り空。 でも ここ暫く室温計は毎日18℃前後を保っていて、春の凌ぎ易い時候です。

    ゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

 ★ 本日 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢を更新致しました。

 4月6日に岐阜県の養老公園桜狩に訪れました。 
 ここは親孝行の伝説で知られた養老の滝の名所ですが、の名所でもあるのです。
 冒頭の画像は養老の滝から少し下流の公園内の橋にて 滝の落ちる山に向って撮影したものです。

 序でに昨年12月2日に訪れた折に撮った紅葉の景も取り上げてみました。 養老公園は紅葉の名所としての方が有名です。

 下記をクリックの上どうぞご覧下さい。
           ↓
  ≪フォト俳句(288)≫4/16 桜 & 紅葉 (岐阜県 養老の滝)


21img_1362 121img_6883

        ----------------------------------------------------

 昨日、俳句「勾玉池」の‘平成20~17年度’のページも更新致しました。
 折よく養老の滝の紅葉も詠んでいますので、宜しければ下記をクリックの上 ご覧下さい。
              ↓

    ‘ 紅葉 ’(平成20年3月誌上掲載句他)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

桜 (伊勢市宮町駅)

1img_1040
                                             <全画像拡大可>

 今日は無風好天、実に穏やかな春日となりました。 正午の室温計は16.1℃。 
 夕方近くなって曇りだし、この記事を書いている午後8時前現在は小雨が降っていますが室温計は19.7℃を指しています。
 昨日の東京は暴風雨にて羽田空港がストップするなど大変だったようですね。
 伊勢でもその前日が大荒れにて桜をかなり散らしてしまいました。

 冒頭を始めとして画像は全て4月5日の撮影ですが、伊勢市街の近鉄宮町駅です。 宮町駅は伊勢市駅の一つ手前の駅。 普通電車しか止まりませんから利用する事は殆ど無いのですが、自宅には最も近い駅です。 この駅は住民の便宜の為に駅の向こう側へ行くのに素通りをさせてくれると言う親切な駅でもあります。


2img_1045 3img_1053


 宮町駅前のこの桜はかなりの老木です。 
 樹齢は如何ほどなのか知りたいと思っていますが、見事な咲きっぷは毎年の楽しみとなっています。


4img_1060 5img_1051


             落花なき不思議を歩く花ざかり  岡本眸


8img_1058


                  通勤なのかな  暢一


6img_1052 7img_1057

                       <全画像拡大可>

        ----------------------------------------------------

 4月7日は尾崎放哉忌、三橋鷹女忌。
    8日は高浜虚子忌(椿寿忌、惜春忌)。
    9日は野澤節子忌(桜忌)、 とここ数日に著名俳人の忌日が続きました。

 「俳句俳話ノート」にて取り上げていますので、下記をそれぞれクリックの上 宜しければご覧下さい。
       ↓

    ★ 放哉忌

    ★ 三橋鷹女忌(4/7)。 野澤節子忌(4/9)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

結城神社・梅 (三重県津市)

 冬に逆戻りしてしまったような寒い日が昨日今日と続きます。
 花冷えと云う季語があるように、桜の咲く時期にはかならず冷え込む日があるものですね。
 以前 叔母逝去の折に詠んだ句です。

            花冷の石もて棺の釘を打つ  暢一


 ☆ 本日 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢を更新致しました。

  3月23日に訪れた三重県の梅の名所 結城神社を取り上げました。
  下記をクリックの上どうぞご覧下さい。
                ↓

        ≪フォト俳句(287)≫4/1 結城神社・梅 (三重県津市)


3img_9888

        ----------------------------------------------------

 今日 4月1日は俳人 西東三鬼の忌日です。
 一昨年 「俳句俳話ノート」にて取り上げていますので、下記をクリックの上 宜しければご覧下さい。
                ↓

          「俳句俳話ノート」 ★ 三鬼忌

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »