« ② 銀杏黄葉 (梅香寺) | トップページ | 初日の出 (桑名市 揖斐川畔) »

2008年12月31日 (水)

大晦日 (浦之橋商店街)

1img_8098
                                              <全画像拡大可>

 月並みな文句ですが 一年の経つ事の早いこと早いこと。 今年も大晦日となりました。
 この一年は各グログを更新出来ない夏の時期もあり、以降更新出来ても回数の少ない状態が続きました。 にも拘らずアクセス解析を見てみると引き続き実に多くの皆さんにご覧頂いていて嬉しく思っています。 有難うございました。 どうぞ来年も宜敷くお願い致します。

 冒頭の画像は伊勢市街西方にある浦之橋商店街大晦日の午後の光景です。 自宅から近く日常的に利用していますから 今迄何度も取り上げています。

 大晦日は「おおみそか」ですが、「おおつごもり」とも読みますね。
 他に大晦日を表す語には大三十日(おおみそか)、大年大歳除日、等があります。

     父祖の地に闇のしづまる大晦日  飯田蛇笏
     袖濡れて硯洗へり大三十日    水原秋桜子
     大年の日落ち流水なほ見ゆる   中村草田男


22img_8120 21img_8102

 市民の台所を自負するほど伊勢市内では一番賑やかさを保っている商店街ですが、大晦日にも拘らずご覧のように閑散としています。 ただ車の駐車は常よりも多いようです。
 どちらか言うと朝に賑わう商店街ですので 午前中はそれなりに人通りもあったようですが、去年は午後ももう少し賑やかだった気がします。


31img_8089 32img_8093

4img_8090 商店街に餅屋さんがあります。 島地屋餅店。

 普段は饅頭など和菓子を商っているのですが、鏡餅・丸餅・角餅・やじろ餅の正月餅だけをケースに並べています。
 全面オープンの店舗も今日はガラス戸を閉じて、左端に「入口」の張り紙が。 
 恐らく並ぶ客を捌き易くする為でしょう。

 昔は正月餅を撞いてもらっていたものですが、この頃はスーパーで買ってきます。
 餅屋さんの正月餅に惹かれてついゝゝ丸餅やじろ餅を買いました。 一個 80円也 。 


5img_8155

 毎年のように我が家の注連飾りをご紹介していますが、左が新しい注連飾り、右が今年一年間飾っていた古い注連飾りです。
 伊勢地方は厄除けの為に注連飾りを一年中飾っておくのですが、(だいだい)の新旧の違いが面白いですね。
 を注連飾りに付けるのは「代を重ねる」と云う語呂合わせから目出度いとされている為です。 また橙は冬に黄色の大きな実をつけますが、落ちる事無く夏には緑色に戻ります。 それで「回青橙」と呼ばれて縁起の良い実とされている由縁からと云う事もあるそうです。

 我が家はあっさりと笑門ですが、伊勢志摩地方の注連飾りの桃符には蘇民将来子孫門と書かれた地方独特のものがあります。
 それ等については下記にて詳しく取り上げた事があります。
 宜しければクリックの上ご覧下さい。
          ↓
  ≪フォト俳句(100)≫12/31門飾り(伊勢市内)

  ≪フォト俳句(202)≫2/5 ⑧注連飾(伊勢市内)

                       <全画像拡大可>

|

« ② 銀杏黄葉 (梅香寺) | トップページ | 初日の出 (桑名市 揖斐川畔) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/43593543

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日 (浦之橋商店街):

« ② 銀杏黄葉 (梅香寺) | トップページ | 初日の出 (桑名市 揖斐川畔) »