« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の3件の記事

2009年1月26日 (月)

旧正月

Img_8701
                                              <画像拡大可>


              今日を始める寒さうな空の下  暢一


 画像は伊勢市内の我が家の近所にある浦之橋商店街の今朝。 
 如何にも寒そうな光景にて今日も冷え込みましたが、昨日25日が今冬で一番の冷え込みでした。

 下の2枚の画像は私のPCデスクに置いてある気温計付きの時計ですが、
 昨日25日は午前8時42分の室温が3.9℃。 正午でもまだ6.4℃しかありませんでした。

 今日26日は曇天ながら正午の室温10.4℃と、一番寒い時期でも正午には10℃前後を指すのが普通ですから、昨日は震え上がりました。

Img_8733 Img_8735


 今日は旧暦の正月ですね。  
 中国や台湾では今でも西暦よりも旧歴の正月の方を盛大に祝います。

         道ばたに旧正月の人立てる  中村草田男 
         旧正や旅をうながす南の星   大野林火
         隣りより旧正月の餅くれぬ   石橋秀野

 歳時記で旧正月の項に分類されています。
 今年は今日1月26日ですが、昨年は2月7日、一昨年は2月18日が旧正月でした。
 このように旧正月は新暦の立春以降が殆どですから春の季語となっているのです。

 明治5年の改暦までは現在の立春を過ぎての2月中旬頃に正月を迎えた訳ですから、
 新年の事を初春今朝の春等と呼んだ気分が理解出来ます。

          初春の水に放ちし菜のみどり  長谷川久々子
          枯枝に初春の雨の玉円か    高浜虚子

 現代でも初春今朝の春は新年の季語にて、長谷川久々子の句も新年の項に載っています。
 ところが高浜虚子の句は春の項に掲載されています。
 このように初春は新年だけでなく春の季語としても使われる事がありますからややこしいです。

 新年の句か春の句か見分ける方法があります。
 「初春」を「はつはる」と読ませる場合は新年の季語。
 「初春」を「しょしゅん」と読ませる場合は春の季語と理解しておけばよいでしょう。
 その読み方の違いは4音と3音から判別出来ますね。

 但し「今朝の春」は新年の季語としか認められていません。
 立秋の朝の意で「今朝の秋」の季語がありますので間違い易いですから要注意です。

   ---------------------------------------------------------------
   ※ 旧正月の部分は「俳句俳話ノート」07/2/18‘旧正月と初春’を補筆致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

初詣 (伊勢神宮 外宮)

1img_8353
                                              <全画像拡大可>

 深夜の1時半となりもう昨日となってしまいましたが、新年も早1月10日。 
 室温計は終日10℃を前後し、この冬で一番冷え込んだ日となりました。 今日から明日にかけて裏日本で雪が吹き荒れるとの天気予報が出ています。

 前回は初日の出を記事に致しましたが、遅まきながら今回も同じく元日初詣です。 
 午後2時くらいだったでしょうか、伊勢神宮外宮初詣に。
 伊勢神宮は伊勢市街の外れの山際に鎮座する内宮と、伊勢市街中心部の外宮とに分かれていますが、私は外宮近くに居住している為に 外宮への初詣は欠かした事がありません。


21 22

 外宮正面の火除橋から参道を望んだ景です。


3

 火除橋を渡ってすぐ左側の手水舎


4

 幾つかの大鳥居を潜りつゝ参道を行くとやがて神楽殿と仮設の神札授与所神酒授与所が見えてきます。

51 52

 上の2枚の画像は神楽殿の神札授与所。 ようは御札やお守りの販売所です。


6

71 72

7yokoimg_8420


 御正殿広場の手前にある仮設の神札授与所で左画像の破魔矢剣祓いの御札を買いました。
 破魔矢の事を伊勢神宮では福矢と言います。

 左の画像がそれです。
 神宮と書いた袋に入れてくれましたが、神宮だけで伊勢神宮の事を指します。 事典にも「神宮=伊勢神宮のこと」と載っています。

 本殿に拝礼の後でしたが、神札授与所の隣りにてお神酒も頂きました。 
 巫女さんは恐らく高校生のアルバイトなのでしょう。


8img_8387

91 92img_8353

 御正殿です。
 御正殿は内宮と同じく唯一神明造の古代様式を今に伝えています。
 外宮のこの御正殿は鰹木が9本、4本の千木の先端は垂直に切られています。
 内宮の御正殿は鰹木が10本、千木の先端は水平に切られれている等と外宮と内宮では細部に違いが見られます。

 また内宮の正式名称は皇大神宮。 皇室の始祖の天照大神をお祀りしています。 
 外宮の正式名称は豊受大神宮。 天照大神のお食事を司る神である豊受大神をお祀りしています。 衣食住をはじめあらゆる産業の守り神です。

 遠来の初詣客の多くが内宮のみの参拝にてお帰りになりますが、伊勢市中心部にあるこの外宮もぜひ立ち寄ってみて下さい。 内宮よりも静かなこじんまりとした杜の中の外宮は より古代の雰囲気と淑気を体感出来る事でしょう。


101


              さはさはと神杉鳴れる初詣  暢一


102img_8356

111img_8365 112img_8363

 御正殿の左隣りに広い敷地があります。 
 御遷宮の為の敷地にて、伊勢神宮は20年毎に左の敷地に右の敷地にと交互に新しく建て替えられるていくのです。
 平成25年竣工を目指して既に準備が始まっている為に敷地は塀で囲まれていました。
 案内板を載せてみました。 クリックの上 拡大して読んでみて下さい。


12img_8346

131 132img_8343

 帰路は正面でなく西口の北御門へ出る参道を辿りました。
 北御門近くの参道では神馬が迎えてくれます。
 以前に外宮には三頭の神馬がいると聞いていましたが、案内札を読んでみると、この白馬は昨年の10月よりとなっています。

 その説明文を以下に記してみます。
     -----------------------
      『豊受大神宮御料御馬』
       草音号(くさおとごう)

      種類  アングロアラブ種
      生年  平成十三年
      産地  宮内庁御料牧場
      毛色  芦毛
      牽進  平成二十年十月
     -----------------------

 年老いて引退した天皇陛下の御料馬が伊勢神宮の神馬です。


14

 北御門です。
 未明まで燃えていた除夜篝の跡が黒々と残っていました。
 ここにも手水舎がありますが、正面参道よりも小さい。

151 152

                       <全画像拡大可>

   ---------------------------------------------------------------

 尚 この伊勢神宮 外宮と同じ景を昨年は深夜の除夜篝火と年越詣を画像と共に取り上げました。 宜しければ下記をクリックの上 ご覧下さい。
             ↓
     ‘年越詣&除夜篝(伊勢神宮 外宮)’                                   ,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

初日の出 (桑名市 揖斐川畔)

1a200901010703000

 2a200901010704000

        3a200901010704001

               4a200901010707000
                                              <全画像拡大可>

 明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜敷くお願い致します。
 早いものにて正月も三日となりましたが 遅まきながら御慶申し上げます。

 天気予報で伊勢の元日は曇りとなっていましたが日射しの下に明けました。 でも雲の走る風強き寒い一日でした。  二日も同様で、それどころか午後の一時期ぱらぱらと雨も。 
 今日は三日、日射しはあるものゝまたまた雲多く風強く冷え込みました。


 画像は桑名市の揖斐川畔より伊勢湾の河口方面を望んだ初日の出
 元日の7時3分に初日が覗いた瞬間から7時7分迄の僅か4分間の連写です。


          長良川河口辺りの初日かな  暢一
     
 
 ここには住吉神社があり初日の出を拝む名所です。 多くの人々が静かに初日の出を迎えていました。

          初日の出待つときめきは恋に似て  鈴木真砂女

 同所については昨年の2月14日に雪景色にてご紹介した事があります。
 宜しければ下記をクリックの上 ご覧下さい。
            ↓
   雪 ① 揖斐・長良川、住吉神社(桑名市)


B2200901010704000

                       <全画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »