« 十六夜 (いざよい) | トップページ | 曼珠沙華 (白花・黄花) <梅香寺(伊勢市内)> »

2009年10月 8日 (木)

台風一過 (台風18号)

 今日の明け方前に伊勢志摩地方を襲った台風18号
 その後、知多半島から日本列島を縦断して行きましたが、皆さんのところは如何でしたでしょうか。 お見舞い申し上げます。
 ちょうど50年前の伊勢湾台風とよく似た進路、そしてここ10年来の強力さ、等と予報で言っていたので伊勢在住の私としてはかなり心配しました。

         颱風の心支ふべき灯を点ず  加藤楸邨

 夜になって激しく降っていた雨でしたが、深夜に台風が近づき強い風が吹き荒れ出した頃から却って小降りに。 それからは雨が強く降る事はありませんでしたが、伊勢より少し北、三重県中部に位置する津市あたりでは豪雨だったようです。
 我が家は住宅密集地ですので家内にいると風の強さを凄いとまでは感じませんでしたが、郊外に住む友人からは何度も凄い凄い怖い怖いとメールを送ってきました。 余程の強風だったのでしょう。 独り暮らしの女性ですから無理の無いところかも知れません。 

        野分道思はぬ物が転び過ぐ  暢一

 午前4時15分頃、突然と言った感じで風がぴたっと止み不気味な静けさ。 そして20分程経ってまた急に荒れ出しました。 台風の目に入ったようです。
 ニュースでは志摩地方の沿岸に近い海上を過ぎて行き、日本列島への最初の上陸は知多半島と報じていましたが、伊勢志摩地方に一度上陸した後の事が実際のところでしょう。

 午前3時半頃だったでしょうか。 玄関でバサッと音が。 見に行くと新聞。 台風が吹き荒れている最中の配達には頭の下がる思いが致しました。
 
                                            <画像拡大可>
Img_4532

 台風一過の南の空です。 我が家に被害は無く無事に朝を迎える事が出来ました。 
 台風の名残りの風がまだ強く吹いていて、雲は足早に東の方へ流れています。

         台風一過名残りの風の雲のさま  暢一 

 近所の今之社の前を通ると銀杏等の枝がうず高く積まれています。 どうも台風で折れた枝のようです。 また行き付けの居酒屋が入っているマーケットの屋根の一部が吹き飛んでしまい、当分休業の店も。
 伊勢市の田園地帯、御薗で農業を営んでいる知人によると、ビニールハウスや畑の作物の多くが甚大な被害を受けたとの事でした。 御薗は電照菊の産地です。

 二見浦夫婦岩を繋いでいる大注連縄は先月新たに掛け替えたばかりですが、五本全てが切れてしまいました。
 伊勢神宮内宮では正殿近くの直径2.5mの杉の巨木が根元近くから折れて参道を塞ぎ、その他枝や倒木が散乱している為に今日は参拝中止だそうです。 外宮も同じく参拝出来ませんでした。 1年365日閉鎖される事のない伊勢神宮としては稀有の事ですね。 
 最も伊勢地方に台風が襲来したのも久し振りです。未だに停電の続いている地区もあるようです。

Img_4528
                                             <画像拡大可>
 同時刻に撮った北の空。
                                                   (№313) 

|

« 十六夜 (いざよい) | トップページ | 曼珠沙華 (白花・黄花) <梅香寺(伊勢市内)> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/46434871

この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過 (台風18号):

« 十六夜 (いざよい) | トップページ | 曼珠沙華 (白花・黄花) <梅香寺(伊勢市内)> »