« 豪雨後の宮川。 鵜。  | トップページ | 師走。 梅香寺の銀杏 (伊勢市内) »

2009年11月25日 (水)

桜紅葉 <米山新田> (伊勢市円座町)

 昨夜中のしとしとゝ云った感じの雨も止んで曇天で明けた朝でした。 でも気がついてみるといつの間にか真っ青な晴天。 ここ暫く不順で寒い日が続きましたが、久し振りに暖かい小春日となりました。 深夜の今でもPCデスクの温度計は17℃を指していますから、いつもよりも 4℃ほど暖かい。

      小春日や「左二見江二里二丁」   暢一

                                           <全画像拡大可>
1img_5690

 今日 所用で通りかかった「米山新田開発記念碑」の桜の樹。 桜の名所の宮川堤から川沿いに上流方向へ伊勢南島線を15分程走った辺りです。

21img_5698

       桜紅葉しばらく照りて海暮れぬ  角川源義

       22img_5696_2

               好きな道桜紅葉の頃なれば  稲畑汀子

               23img_5697

 実に見事な桜紅葉です。 桜紅葉は殆どが渋い色合いの紅葉にて (それはそれで味わい深いものがありますが) 、これ程赤く色づいた桜紅葉は珍しい。 お蔭で約束の時刻に遅れてしまいました。


3img_5700

 米山新田の名は開墾に心血を注いだ江戸時代の円座組大庄屋の米山家から付いたものです。
 この時代の円座町は紀州藩の領地でしたが、大庄屋米山家四世が高台の為に水利の悪い荒地であったこの一帯を紀州藩の援助を得つつも家財を投げ打って水路を開き開墾。 元禄2年(1689)から9年の事でした。

 それから140年を経ていつしか荒廃してしまった水路を、文政12年(1829)米山家九世の代に更に延長した上で再興し 現在に至っています。
 しかし米山家九世宗持はその事業による借金返済の責を負って天保10年(1840)に自刃すると言う悲劇もあり、米山家が借金を完済出来たのは明治期であったとの事。

 41img_5703_2

              42img_5711

 刈田に薄青く見えるのは稲を刈った後の切り株から萌え出た芽。 それも枯れかけています。
 「穭(ヒツヂ)」と云いますが、この10月25日の記事でも触れましたね。
 

5img_5710

 遠方に見えるのが米山新田記念碑の桜紅葉。 

 61img_5706

 上下の画像は近くの墓地です。 

               62img_5707

                               <全画像拡大可>

    -----------------------------------------------------------

 ※ 今日、11月25日は三島由紀夫忌です。 憂国忌とも言います。
    昨年ですが、「俳句俳話ノート」にて取り上げました。 
    宜しければ下記タイトルをクリックしてご覧下さい。
          ↓
     「俳句俳話ノート」 ‘★ 三島由紀夫忌‘
                                                  (№320)

|

« 豪雨後の宮川。 鵜。  | トップページ | 師走。 梅香寺の銀杏 (伊勢市内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/46860565

この記事へのトラックバック一覧です: 桜紅葉 <米山新田> (伊勢市円座町):

« 豪雨後の宮川。 鵜。  | トップページ | 師走。 梅香寺の銀杏 (伊勢市内) »