« 初詣 ・伊勢神宮 外宮 (正月二日) | トップページ | 雛祭 (桃の節句) »

2010年2月20日 (土)

茜社 初詣・勾玉池 (伊勢神宮 外宮神苑) 正月二日

 一昨日は東京の銀座に雪降る景がテレビに映っていましたが、伊勢でも冷え込む日が続きます。 と言っても1月から2月にかけて数回は見られる雪も屋上のバケツに張る氷も未だですから今年は厳しいという程でもありません。
 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、正岡子規は 『 毎年よ彼岸の入に寒いのは 』 と詠んでいます。 春らしい暖かさを迎えるのはまだゝゞ1ヶ月程先の事なのでしょうね。

 前回は伊勢神宮外宮への初詣(正月二日)を取り上げましたが、今回もその続きです。 
 もう2月も半ばを過ぎてまだ正月の事を取り上げていて申し訳ありませんが、画像の整理を済ませながらアップする暇を持てなくて今になってしまいました。 ご容赦の上お付合い下さい。

                                           <全画像拡大可>
74img_6668

 正月二日 伊勢神宮外宮に参拝をした後、神苑の勾玉池畔にある茜社にも詣でました。
 茜社は「あこねやしろ」と読みます。
 境内では除夜篝を焚いた後に小さな焚火を続けていました。

73

     72

          6img_6672

               Img_9339

 茜社の境内には豊川茜稲荷神社も建っています。 
 この稲荷の方がはるかに大きく立派な社殿にて主客転倒の感じがします。 
 日本三大稲荷の一つ愛知県の豊川稲荷は妙厳寺の守り神として勧請されたものでありながら、いつの間にか肝心の妙厳寺よりも大きく有名になってしまいましたが、その小型版と云ったところでしょうか。 稲荷信仰の根強さが窺われます。

 下の画像が茜社

5

Img_9358 茜社は「あこねさん」と市民から親しみを持って呼ばれています。 
 山田産土神八社の一つ。
 昔々は「赤畝(あかうね)の社」と云う外宮の摂社であったらしい。 
 ここも20年毎の伊勢神宮御遷宮のたびに残材を受け、神宮にならってご遷宮をし社殿を新しくします。


8

 茜社の小さな鳥居の連なる参道を潜り抜けると勾玉池に出ます。  

1img_6656

 正月の晴天に勾玉池は清々しく照り輝いていました。 右端に見える杜が茜社です。 
 
22

 真っ赤な浮舞台が印象的にて勾玉池の景を惹きたてます。

 31img_6652

        32img_6653

               33img_6654

 勾玉池の冬は多くの鴨が目を楽しませてくれます。 鴨が飛んで着水するところを撮ってみました。 慌てて撮ったので少し不鮮明ですが、画像をクリックして拡大すればそれなりにご覧頂けると思います。

                     <全画像拡大可>

       ゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。

 今日 2月20日は俳人 内藤鳴雪の忌日です。 
 老梅忌とも呼びますが、正岡子規の後見役と目された重鎮でした。
 「俳句俳話ノート」にて以前に取り上げていますので、宜しければ下記タイトルをクリックの上 ご覧下さい。
        ↓
  「俳句俳話ノート」 ‘ ★ 鳴雪忌 ’

                                                  (№325)

|

« 初詣 ・伊勢神宮 外宮 (正月二日) | トップページ | 雛祭 (桃の節句) »

コメント

今は柵が出来て無理ですが、昔はよくこの近辺で遊んだモノです(笑)
防空壕跡やら神宮の山に虫や腐葉土を採りに行ったり・・・。
そろそろ遷宮記念館の建設も始まりそうですね。

投稿: TAKA | 2010年2月20日 (土) 02:07

TAKAさん こんにちは。
 ご覧頂き有難うございます。
 私にとって子供時代も今もこの辺りはよき遊び場です(笑)
 貴ブログを早速拝見致しました。
 私のポケットデジカメと違って流石に迫力ある画像ですねぇ。

投稿: のぶ | 2010年2月20日 (土) 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/47612694

この記事へのトラックバック一覧です: 茜社 初詣・勾玉池 (伊勢神宮 外宮神苑) 正月二日:

« 初詣 ・伊勢神宮 外宮 (正月二日) | トップページ | 雛祭 (桃の節句) »