« 雛祭 (桃の節句) | トップページ | 初桜(神宮高倉山幼稚園)、桜の芽(伊勢神宮外宮 北御門前) »

2010年3月 8日 (月)

父月命日の墓参 (伊勢市内 一誉坊墓地)。

                                           <全画像拡大可>
Img_8906

 二日雨が続きましたが、今日の伊勢はすかっと晴れ上がった朝を迎えました。
 昨日が父の月命日。 雨だったので墓参を中止。 高齢の母と一緒ですので、風邪でも引いたら大変ですから。
 今朝の仕事前に行ってきました。 少し冷え込んだ今日ですが無風快晴、墓前の日向は心地好い暖かさでした。
  
Img_8899


               春日向父の墓前に長居して   暢一


 我が家の墓は伊勢市内の一誉坊墓地にあります。 
 「一誉坊」を我々は「いっちょぼ」と呼んでいますが、恐らく「いちよぼう」をいつしかはしょって言うようになったのでしょう。
 お寺等に付随する墓地ではなく墓苑だけですが、年に一度 「一誉坊管理組合」に管理費を納めています。
 1690年没の出口延佳(伊勢神宮外宮権禰宜・国文学者)の墓が現存したりしていますから随分と古い墓地ですが、故事来歴を知りたいものと思っています。


Img_7190                                      <全画像拡大可>
 またこの墓地には名投手沢村栄治のお墓もあります。
 説明の必要もないでしょうけれど、沢村栄治は戦前のプロ野球黎明期において名を馳せた巨人軍の豪速球投手。
 沢村投手の戦死後、巨人は彼の功績をたたえて背番号14番を日本プロ野球史上初の永久欠番に指定、現在も沢村栄治賞にその名を留めていますね。

 沢村栄治は伊勢市の出身。 私の父の少し下の幼馴染にて共に野球で遊んだとか。 
 栄治に野球を教えたのは俺だ、と父は自慢していましたが、ま~眉唾ものでしょうね。 
 でも野球の得意な父でした。
 昔、沢村栄治の命日に巨人の監督とナインが揃って墓参に訪れていた時期もありました。

 この事は昨年も記事にした事があります。 お読みになっている方には重複しましたがご容赦下さい。

                                                  (№327)

|

« 雛祭 (桃の節句) | トップページ | 初桜(神宮高倉山幼稚園)、桜の芽(伊勢神宮外宮 北御門前) »

コメント

お墓もこれだけあると圧巻
ですね。

じつは私も、お寺へ付け届け
しながら、墓参りもとおもっ
ておりましたが、「春分の日
に行けば!」と言われ、そう
することにしました。

春日向父の墓前に長居して   暢一

この一句に、お参りさせて
もらった気になりました。

投稿: 海ton | 2010年3月 9日 (火) 06:32

 海tonさん こんにちは。ご覧頂いた上、拙句のご鑑賞も頂き有難うございました。
 昨日やっと晴れたと思ったら今日はまた雨。菜種梅雨と云う言葉もあるくらいですから3月は雨の日の多い時期なのでしょう。
 春分の日は彼岸の中日ですから墓苑も賑わうことでしょうね。私もこの日にまた墓参する予定です。

 貴ブログも早速拝見致しました。賑やかなデザインに簡潔な文章。佳いですねぇ!

投稿: のぶ | 2010年3月 9日 (火) 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35332/47761512

この記事へのトラックバック一覧です: 父月命日の墓参 (伊勢市内 一誉坊墓地)。:

« 雛祭 (桃の節句) | トップページ | 初桜(神宮高倉山幼稚園)、桜の芽(伊勢神宮外宮 北御門前) »