カテゴリー「h 三重県内その他」の10件の記事

2009年10月25日 (日)

刈田・穭(ひつぢ)。 稔田(みのりた)。 <木曽川>

 早いもので10月も下旬。 紅葉の便りが聞かれるようになってきましたが、今回の話題は遅まきながら10月13日に我が結社「朝」の東海支部句会出席の為に岡崎市へと出掛けた折の車窓風景です。 
                                           <全画像拡大可>
Img_4661

 木曽川です。 
 JR 「快速みえ」の車窓から撮りましたが、窓ガラスに映えるものが少し写ってしまいました。 もっとカメラをガラスにくっつけて撮影すれば良かった。
 伊勢市から伊勢平野を北上して三重県北部の桑名市で揖斐川・長良川を渡ります。 そして中洲の長島をあっと云う間に過ぎると木曽川。 三重県はここまで、木曽川を渡ると愛知県です。

Img_4585

 伊勢平野は上の画像の様に刈田が広がっていました。 
 刈田は全景まるで青田のように青々としていますが、これは稲刈りの済んだあとの切り株から青い芽が自然に萌え出たものです。 
 この萌え出た芽の事を「穭 (ひつぢ)」と呼びます。 俳句では多く詠まれていて秋の季語。

           穭田のはかなし筋目正しても  暢一

 今年は冷夏の影響で遅れた稲刈りですが、それでも9月初旬には済ませたようですから、穭ながらかなり成長してしまっています。


Img_4677

 ところが木曽川を渡り愛知県側に入った途端に田園地帯は黄金色風景に一変。
 所々で稲刈り作業中のところを車窓から見掛けはしましたが、三重県と比べて1ヶ月以上も遅く、県によって随分と違うものなのですね。 三重県も愛知県も今回の車窓から見た地区は気候にそう変わりはありませんから、田植の時期の違いからなのでしょう。

           木曽川のひがし稔田にし刈田  暢一

   --------------------------------------------------------------------

 昔は長島を伊勢長島と呼んだように、長島までが伊勢の国にて尾張との国境でした。 歴史的にこの地が知られているのは本願寺門徒による 「長島一向一揆」。 
 織田軍は柴田勝家が重傷を負うなど散々手こずったあげく最期は8万の全軍勢で攻めたものゝ、長良川と木曽川に挟まれて複雑に水路が絡み合う輪中の長島は難攻不落。 織田信長の庶兄である織田信広や弟の織田秀成までもが討ち死にしてしまいます。
 信長軍は徐々に各城や砦を落とし、残る屋長島・中江の2ヶ所を柵で囲んで2万余の老若男女の退路を絶ち全て虐殺したと伝わっています。

 現在の長島は、日本屈指のレジャーランド 「ナガシマスパーランド」、同系列の植物園 「なばなの里」等が有名ですね。 

Img_8551

 3年前の10月に伊勢湾沿いを走る伊勢湾岸道から撮影した 「ナガシマスパーランド」。 
 
 
Img_6241
                                           <全画像拡大可>
 2年前の4月に訪れたチューリップ満開の「なばなの里」。

 尚、この折の「なばなの里」 については下記にてご紹介致しました。
 宜しければタイトルをクリックの上 ご覧下さい。
          ↓
   ≪フォト俳句(279)≫4/19 ① なばなの里 (桑名市長島町)  
                                                   (№315)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

夕焼けの虹(伊勢自動車道)。 秋の雲(琵琶湖)。

 今日は雲一つ無い快晴。 室温計は31.5℃を指していましたが、心地好い風のある爽やかな一日にて初秋を実感させます。 夜になって虫の音も聞こえてきました。

                                           <全画像拡大可>
1img_3015

 昨日(8/23)の夕焼け空にかかった。 珍しいでしょう。 私は初めて見ました。
 琵琶湖で遊んだ帰路の伊勢自動車道を走行していた折の東の空です。 
 同乗者が助手席から撮影したのですが、フラッシュを光らせてしまったので車のフロントガラスに光るものも少し写りこんでしまいました。

        2img_3012

                      後方の西空の夕焼け。

      ------------------------------------------------------------

 彦根辺りの琵琶湖です。 もう秋の雲ですね。
 画像を拡大して頂かないと分かり難いかも知れませんが、遠方の右の方に見える白い建物群は長浜の町。

 3img_3003

                指うづき秋の雲湧きやまぬかな  加藤楸邨

   4img_3006

          眼のなかの秋の白雲あふれ去る  山口誓子
           
            6img_2993

                   秋の雲立志伝みな家を捨つ  上田五千石

                   
5img_2986

               秋雲やふるさとで売る同人誌  大串章               

   7img_3002

          秋天にわれがぐんぐんぐんぐんと  高浜虚子
           
            8img_3005

                            <全画像拡大可>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

合歓の花

 一昨日は晴天、昨日は曇天。そして今日はまた晴天となりました。 伊勢地方では雨の日の少ない梅雨です。
 朝よりぐんゞゝ気温が上がり 午後1時半現在の室温計は31.7℃を指していて 我が部屋は今年初めての真夏日となりました。

1img_5394_2
                                             <全画像拡大可>

 遅くなりましたが、6月16日に撮影した町中の花木です。 丘陵地にある住宅街の川に沿った道辺に咲いていたのですが、近づいて見てみると合歓の花でした。
 山路でよく見掛ける合歓の花ですが、町中の道辺に咲いているのは珍しい。 


2img_5397


 合歓の花は豆科。 名の由来は夜になると葉を閉じ合わせる事から「眠りの木」、それが変化して「ねむの木」と呼ばれるようになったとは皆さんご存知の事ですね。
 またその事から中国では夫婦和合の象徴とされているそうです。 
 開花時期は 6月中旬~ 9月初旬頃。 7月下旬頃には花が途絶えるが 8月になると再び咲き始める、と図鑑に載っていました。

 どの図鑑にも花が咲くのは夕方と載っていましたが、私がこれらの画像を撮影したのは午前7時半頃でした。 昨日の夕方に咲いた花が開き続けているようです。


3img_5407


        海光の遠く見えゐて合歓の花  暢一


4img_5408


 「奥の細道」 で合歓の花を詠んだ芭蕉の次の句がよく知られています。

      象潟や雨に西施がねぶの花  松尾芭蕉

 中国の春秋時代の傾国の美女 「西施」 になぞらえて合歓の花の美しさを称えた句ですが、 「象潟(きさかた)」 は秋田県の景勝地。 江戸時代、東の松島 西の象潟と並び称され、「奥の細道」でも 「松島は笑ふが如く、象潟は憾むが如し」 の記述が見られます。


5img_5400


      真すぐに合歓の花落つ水の上   星野立子
      合歓咲けりみな面長く越後人    森澄雄
      花合歓の夢みるによき高さかな  大串章
      合歓咲いて白猫のゐる十二橋   石原八束


6img_5402 7img_5404

                       <全画像拡大可>

        ----------------------------------------------------

 7月2日、3日と下記のサイトを更新しています。 宜しければそれぞれをクリックの上 ご覧下さい。
               ↓

  7月2日  「俳句俳話ノート」 ‘ ★ 岸風三樓忌 ’

  7月3日  「主要俳句作品」 ‘ 平成5年 夏 ’

        ----------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

植田・麦畑 (伊勢平野)

080526img_3997
                                             <全画像拡大可>

 昨日(6月2日) 関東甲信までの梅雨入りが発表されましたが、昨年は6月14日、一昨年は6月8日でしたから今年はかなり早い梅雨入りですね。 日本で真っ先に梅雨入りする沖縄では平年より14日も遅かったのに…。 

            伊勢平野大きく梅雨に入りにけり  暢一


 5月26日に近鉄車窓から撮影した伊勢平野です。 記事にするのが少し遅くなってしまいました。 4月中旬過ぎ 一斉に田植が行われた田も既にかなり青々としてきています。


080526img_3993

 こちらは麦畑。 黄色も茶色っぽくなってきて、刈り入れの近づいている事を窺わせます。
 色に濃淡があるのは 植えた時期が違うのか、または品種が違うのか、よく判りません。

             麦秋や軍服の父セピア色  暢一


080526img_4071

 ところどころ 青田と麦畑が混在していて、今の時期ならではの景を見る事が出来ました。

        ----------------------------------------------------

 4月14日に田水が張られているところから 6月2日まで、時折 伊勢平野を近鉄車窓から撮影していましたので掲載してみます。

 <4月14日>
11080414img_1695 12080414img_1699
 水を張る直前の田。                           代掻き
 (溜まっているのは前日激しく降った雨水) 

 代掻き とは 田植え前に水を張った田の高低を掻き均しつゝ肥料を土中に混ぜる作業の事。 
 代掻きも終わり、いつでも田植えの出来る状態になった田を 代田 と言います。
 田植の済んだ田は植田、苗が育って青々してくると青田、と句に詠み分けていく事になりますね。 以上は歳時記からの受け売りですが、例句も少し挙げてみます。

      田水張り湖の近江をひろげたり  吉原一暁
      代掻きの後澄む水に雲の影   篠田悌次郎
      水増して代田ひしひし家かこむ  上田五千石
      伊勢神楽植田へ朝の笛流す   三島玉絵
      一点の偽りもなく青田あり     山口誓子


 <4月21日>
21080421img_1881 22080421img_1873
23080421img_1925 24080421img_1923_2
 左画像は拡大して頂くと分かりますが、田植が終わったばかりの田。 右画像は麦畑。 
 以下の画像も全て左が植田。 右が麦畑。


 <5月14日>
31080514img_3605 32080514img_3600
33080514img_3637 34080514img_3623


 <5月19日>
41080519img_3775 42080519img_3813


 <5月26日>
51080526img_4014 52080526img_4061


 <6月2日>
61080602img_4647 62080530img_4191

                       <全画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

雪 ④ 伊勢平野

1img_8318
                                             <全画像拡大可>

 今日と言っても零時を過ぎて昨日になってしまいましたが冷え込みました。 深夜のいつもの室温計は9℃を指していて、昨夜よりは2℃ほど高くなっています。
 ただ火の気の無いと云えども屋内の室温計ですから、夜の屋外とは随分と温度差があるようです。 先程 コンビニへ行く為に乗った車のフロントガラスは薄く凍っていました。

 前回、三重県全域に激しい降雪のあった9日の翌日10日の月夜宮に於ける雪景色を取り上げましたが、10日はその後 伊勢市駅から前日に続いて近鉄特急に乗り、今度は晴天下の明るい雪の伊勢平野を北上しつゝ楽しむ事が出来ました。 


21img_8464 22img_8386

 朝の8時~9時の間に撮影した画像ですが、掲載順序は伊勢平野の北部からと撮影順とはほゞ逆になっています。

31img_84201 32img_8370

 伊勢平野の東は伊勢湾に面し、西側は北部の鈴鹿山脈から続く山並みが屏風のように南部まで連なっています。 画像は斎宮以外全て西の山側に向けて撮影しました。
 次の掲句は前日9日の雪降る伊勢平野の景を詠んでみました。


              えぬ雪降伊勢平野  暢一         
 

41img_8369 42img_8310


        ----------------------------------------------------


5img_8431

 伊勢市と松阪市の中間に位置する斎宮にあるいつきのみや歴史体験館前の史跡復元が整備されている辺りの画像です。

 斎宮とはその昔 斎王(いつきのひめみこ)の宮殿とそれに仕えた官人の役所寮の地です。 小さいながら都を模した壮麗な建物群がありました。
 伊勢神宮に仕える為に天皇即位の度に選ばれたのが斎王ですが、かならず内親王・女王から占いにより決められました。

61img_8434 62img_8439

 上左画像が いつきのみや歴史体験館の建物ですが、平安時代の歴史や文化・技術等を体験することが出来ます。
 当地周辺では今でも発掘作業が続けられ 貴重な発見が相次いでいます。
 上右画像はその現在発掘中の現場横に咲く菜の花です。

 斎宮については以前 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢にて取り上げた事がありました。 宜しければ下記をそれゞゝクリックの上 ご参照下さい。
              ↓
   ≪フォト俳句(45)≫7/20斎宮(1)
   ≪フォト俳句(46)≫7/22斎宮(2)
   ≪フォト俳句(47)≫7/24斎宮(3)

 
        ----------------------------------------------------


7img_8469

 伊勢市街の西を流れる宮川。 何度も水質日本一に選ばれている三重県下最長の一級河川です。

81img_8471 82img_8470


 下の画像2枚は宮川から伊勢市駅途中の景ですが、左画像に写る工場は(株)横浜ゴム三重工場
 横浜ゴムは1917(大正6)年 横浜に創業しましたが、1944(昭和19)年に第二工場として建てられたのがこの三重工場です。  
 紀伊半島の南部にて配送面から立地条件が悪い為に 大きな工場の殆ど無い伊勢の地にどうして建設されたのか知りませんが、終戦前年と云う時期から推察するに空襲を避けての事かもと想像しています。
 小学生の折 この横浜ゴムの社宅に住む女子と机が隣にて、工場の敷地内のお宅によくお邪魔したした昔々を懐かしく思い出します。   

91img_8479 92img_8475

                       <全画像拡大可>

        ----------------------------------------------------

 今日 2月20日は内藤鳴雪の1926(大正15)年の忌日である「鳴雪忌」です。
 鳴雪は老梅居と号していたので「老梅忌」とも言いますね。

 一昨年に「俳句俳話ノート」で記事にしていますので、下記をクリックの上 宜しければご覧下さい。
            ↓
          『鳴雪忌』

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

奈良行 初瀬街道。

 日本列島を驚かせた真冬日も、ここ暫くは落ち着いて平年並みの気候に戻りました。曇り空ながら今朝の我が家の室温計は16℃です。


 ☆ 本日 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢を更新致しました。 
 
 この25日 奈良公園の紅葉を見に出掛けた折の事を取り上げています。 下記をクリックの上どうぞご覧下さい。
                           ↓
           ≪フォト俳句(284)≫11/28 奈良行 初瀬街道


Img_6245_2

                        <画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

冠雪の鈴鹿山脈

 余裕の無い月日が続いた為に長くご無沙汰をしてしまいました。 
 時にご訪問頂いて下さいました皆さんにお詫び申し上げます。 
 まだ途切れ途切れになるかも知れませんが更新していきたいと思っています。

Img_5727


 冒頭の画像は三重県北部の四日市辺りの伊勢平野から西方の鈴鹿山脈を望んだものです。
 11月19日の朝 8時頃の近畿日本鉄道の車窓からですが、嶺々が綺麗に冠雪していました。 突然の寒波で北国での降雪がニュースを賑わせた日ですが、この時期に鈴鹿山脈も冠雪していたのには驚きました。


Img_5719 Img_5742


 上の左画像は御在所岳辺りだろうと思うのですが、山頂までのロープウェイから望む紅葉の素晴らしさが有名な御在所岳は今一番のシーズンです。 観光客も思わぬ雪景色にさぞかし驚いた事でしょう。


Img_5754 Img_5798


              雪嶺えて伊勢路く  暢一    


Img_5756

                       <画像拡大可>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

なまふ (桑名市)

 暑い日となりました。 午後1時過ぎの我が部屋のいつもの室温計は27.1℃を指しています。 陽のあたらない部屋での気温ですから、屋外は30℃を超えている事でしょう。 
 伊勢としては今年一番の暑さです。


                20070602195316


  一昨日の ≪フォト俳句(283)≫6/5 諸戸氏庭園 (桑名市) & お香の記事の通り桑名市に行く機会があった折、市内も少し歩いてみました。


Img_0752_1 市内の町名を見てみると鍛冶町・職人町・油町・殿町・紺屋町・江戸町 等々城下町らしい町名が多くて楽しい。 
 揖斐・長良川畔の町だからでしょうか、北魚町・南魚町と云った町名もあります。

 その南魚町で生麩(なまふ)湯葉(ゆば)だけを商う専門店を見つけました。 
 珍しいなと思いつつ入って買ったのが冒頭の携帯で撮った画像です。
 あんふと云う麩饅頭ですが、ま~味の程は分からないので取り敢えず2個買いました。 

 ‘お買い上げいただきましたこの商品は冷凍になっております。 室温にて解凍してお召し上がり下さいませ。 店主’ の注意書が添えられていました。
 帰宅後に頂きましたが、少しもちゝゝとした生麩と餡との食感は珍しく美味しかったです。 


Img_0753
 お店の名は納屋清
 天保元年創業の老舗。 江戸時代は 「桑名藩御用達 」 だったそうです。


 上の左画像の商品写真部分を拡大してみました。⇒
 実にカラフルですね。


                         <画像拡大可>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

植田&麦畑

Img_8632


 5月6日の立夏は終日の雨でしたが、その後は好天が続きます。 いつも見ている室温計は正午過ぎにて25℃を指していました。 昨日と同じく屋外の日射しの下は少し汗ばむ程でしょう。 初夏を実感します。

 昨日の8日は第二火曜日。 我が結社の東海支部月例句会出席の為に愛知県岡崎市まで出掛けました。
 車窓の伊勢平野は田植えも済み 植田明りの眩しい景に一変していました。


Img_8726


               麦秋や書架にあまりし文庫本  安住敦


 上の画像は麦畑。 そろそろ黄色く色づき出した麦もあり麦秋の季節が始まりました。
 俳句に親しんでいる方ならよくご存知の事ですが、麦秋または麦の秋とは麦の黄色く熟した事、またその季節の事を言い、土地によって違いますが5月から6月頃の季語となっています。


               踏切つてかな秋  暢一


Img_8728


 伊勢平野の北端辺りで揖斐・長良・木曾川を渡ると愛知県。 名古屋のある濃尾平野から岡崎の三河平野と車窓は移っていきますが、まだ田植えを行っていない田、済んでいる田と混在していました。
 麦畑も伊勢平野よりはまだ少し青いようです。


Img_8741
    Img_8754

                          <画像拡大可>

| | コメント (2)

2007年1月10日 (水)

伊勢平野の雪嶺

Img_4179


 昨日9日は第二火曜日にて 私の所属する結社の東海支部句会に出席の為に岡崎まで出掛けました。
 岡崎行の車窓風景は≪‘のぶ`のフォト俳句≫№251№253等で幾度となく取り上げていますが、1月のそれは伊勢平野北部で望む事が出来た雪嶺が印象的でした。


Img_4165


 三重県の中南部では嶺に雪を頂く景色を見る事はありませんが、北部の鈴鹿山系の山々の嶺では雪を冠しているところを時々見る事が出来ます。


Img_4110


 昨日は前日までの2日程の降雪のお蔭で冠雪していたのです。


   これを見に来しぞ雪嶺大いなる  富安風生


Img_4164


    伊勢平野北の外れに来て雪嶺  暢一


Img_4186


 桑名を過ぎるとすぐに揖斐川・長良川を渡ります。 今 広大に枯蘆が鈍く光って戦いでいます。
 橋越しの遠景に見える山は多度山。 多度神社があり初詣ではとても賑わいます。


Img_4223


 新年句会はいつもお抹茶を頂く事から始まります。


Img_4240


 庭園には山茶花が散り敷いて趣を添えていました。


Img_4258


 帰路の近鉄車中。 名古屋駅で買った名古屋名物「ひつまぶし」です。 謳い文句は「日本一弁当」。 日本一と迄は思いませんが 中々美味しかったですよ。

            <全画像拡大可>

| | コメント (0)