カテゴリー「ga 三重県内名所」の10件の記事

2010年3月26日 (金)

山口誓子忌。 鼓ヶ浦(三重県鈴鹿市白子)。 旧居句碑(四日市市天ヶ須賀)

 深夜の今、PCデスクの温度計は10℃。 近所の桜も咲き出したと云うのに真冬なみの寒い日が続きます。 でも昨年の同時期に書いた本ブログの記事を読み返してみると、やはり同じような事を書いていました。 3月末と言えどもこの寒さは例年のことのようです。 
                                           <全画像拡大可>
1img_4362

 今日 3月26日は山口誓子の忌日です。 『天狼』主宰。 平成6(1994)年 92歳にて逝去。
 俳句に親しんでいる方なら誰でもが知っている偉大な俳人ですね。

 山口誓子は肋膜炎の療養の為に昭和16年から28年迄の12年間、三重県の四日市市富田、天ヶ須賀海岸、そして鈴鹿市白子の鼓ヶ浦に居住していました。

 冒頭及び下の画像が鈴鹿市白子の鼓ヶ浦。 
 山口誓子が三重県を離れる前の5年間居住していたところです。
 
2img_4366

        海に出て木枯帰るところなし  山口誓子

       3img_4356

               炎天の遠き帆やわが心の帆  山口誓子

              4img_4368

                     波に乗り波に乗り鵜のさみしさは  山口誓子


 四日市市富田も天ヶ須賀海岸も、鈴鹿市白子の鼓ヶ浦とそう遠くではありません。 
 多くの名句がこの伊勢湾の海を眺めながら詠まれました。

 三重県在住の間の句を収めたものとして、
 『七曜』(1942)、『激浪』(1946)、『遠星』(1947)、『晩刻』(1948)、『青女』(1951)、『和服』(1955)の6句集があります。 また昭和23年に主宰誌『天狼』 を創刊したのも鼓ヶ浦へ転居した年でした。

     伊勢の海に見ゆる帆のなき誓子の忌  暢一


5img_2273

 現在 四日市市天ヶ須賀の山口誓子旧居の角には句碑が建っています。

          6img_2272

                   かの雪嶺信濃の國の遠さ以て  山口誓子


      。・゜゜・。。・゜゜・゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・゜・。。・゜゜・。


 3年前になりますが、「俳句俳話ノート」にて山口誓子について少し詳しく記事に致しました。
 宜しければ下記タイトルをクリックの上ご覧下さい。

        ↓

  「俳句俳話ノート」 ★ 誓子忌

                                                  (№329)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

初日の出 (桑名市 揖斐川畔)

1a200901010703000

 2a200901010704000

        3a200901010704001

               4a200901010707000
                                              <全画像拡大可>

 明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜敷くお願い致します。
 早いものにて正月も三日となりましたが 遅まきながら御慶申し上げます。

 天気予報で伊勢の元日は曇りとなっていましたが日射しの下に明けました。 でも雲の走る風強き寒い一日でした。  二日も同様で、それどころか午後の一時期ぱらぱらと雨も。 
 今日は三日、日射しはあるものゝまたまた雲多く風強く冷え込みました。


 画像は桑名市の揖斐川畔より伊勢湾の河口方面を望んだ初日の出
 元日の7時3分に初日が覗いた瞬間から7時7分迄の僅か4分間の連写です。


          長良川河口辺りの初日かな  暢一
     
 
 ここには住吉神社があり初日の出を拝む名所です。 多くの人々が静かに初日の出を迎えていました。

          初日の出待つときめきは恋に似て  鈴木真砂女

 同所については昨年の2月14日に雪景色にてご紹介した事があります。
 宜しければ下記をクリックの上 ご覧下さい。
            ↓
   雪 ① 揖斐・長良川、住吉神社(桑名市)


B2200901010704000

                       <全画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

結城神社・梅 (三重県津市)

 冬に逆戻りしてしまったような寒い日が昨日今日と続きます。
 花冷えと云う季語があるように、桜の咲く時期にはかならず冷え込む日があるものですね。
 以前 叔母逝去の折に詠んだ句です。

            花冷の石もて棺の釘を打つ  暢一


 ☆ 本日 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢を更新致しました。

  3月23日に訪れた三重県の梅の名所 結城神社を取り上げました。
  下記をクリックの上どうぞご覧下さい。
                ↓

        ≪フォト俳句(287)≫4/1 結城神社・梅 (三重県津市)


3img_9888

        ----------------------------------------------------

 今日 4月1日は俳人 西東三鬼の忌日です。
 一昨年 「俳句俳話ノート」にて取り上げていますので、下記をクリックの上 宜しければご覧下さい。
                ↓

          「俳句俳話ノート」 ★ 三鬼忌

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月15日 (金)

雪 ② 九華公園(桑名城址)

1img_8233
                                             <全画像拡大可>

2img_8219 今日15日の伊勢は好天にて 昨日よりも室温計は5℃ほど高く 12℃台の午後です。
 昨日は三重県全域に激しい雪が降った9日の揖斐・長良川(桑名市)の雪景色を取り上げましたが、今日はその続きです。

 揖斐川の河岸に建つ住吉神社の後、九華公園(桑名城址)の掘沿いの路を通り 車の中から公園の雪景色を撮影してきました。

                やかに雪景色  暢一
 

31img_8223 32img_8222 33img_8228

 上の左画像に写る建物は柿安本店。 精肉・惣菜の有名店ですが、東京でもデパ地下の惣菜売り場やレストラン等にて進出し好評だそうです。 
 一昨年に東京在住の姪を連れていったところ、桑名の柿安本店に行ったよ!と友達に自慢出来ると喜んでいました。

41img_8231 42img_8234 43img_8235

 上左画像の橋を渡り公園内に入りたかったのですが、あまりの積雪に尻込みして公園外の車の中から横着な撮影となってしまいました。

51img_8237 52img_8239 54img_8242

 画像に写っている樹々は全て桜です。 九華公園は三重県でも屈指の桜の名所として知られています。
 昨年 桜満開の九華公園を桑名城の詳しい由来と共にご紹介致しました。
 宜しければ下記をクリックの上 ご覧になってみて下さい。
             ↓
       ≪フォト俳句(280)≫4/23 ② 九華公園の桜 (桑名城址)

                        <全画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

雪 ① 揖斐・長良川、住吉神社(桑名市)

1img_8193
                                              <全画像拡大可>

 もう昨日となりましたが 2月13日(水)の伊勢の朝は雪が屋根を白く染める程度の降雪があり、室温計も終日 6~7℃台の寒い一日でした。
 屋根の雪は午前中にすっかり消えてしまいましたが、この9日(土)は伊勢でも終日激しく降雪があり かなり積もりました。 実に珍しい事です。

 9日の当日は所用の為に三重県北部の桑名市にいたのですが、桑名では11cmもの積雪があったと報じられていました。
 冒頭画像はその折の桑名の町を車のフロントガラス越しに撮影したものです。 画像左側に写る並木は揖斐川の河岸


2img_8212

 揖斐川の河岸は憩いの場として整備されていますので、駐車場に停めて大河の雪景色をしばし楽しみました。
 上の画像の左上に薄く見える橋のような建造物は長良川の河口堰。

 長良川河口堰は昭和46年に建設を着手してより 反対運動が全国的に展開されて裁判を起すなど 新聞紙上を長く賑わせた事で有名になりましたが、国は建設を強行し平成7年7月6日に全ゲートの操作を開始して現在に到っています。
 興味のある方は下記をクリックの上 同施設のHPをご覧下さい
                    ↓
              長良川河口堰ホームページ

3img_7528 
 この辺りの揖斐川と長良川は並行して流れ 少し先で一つの川となり伊勢湾へと流れ込んでいますから、画像に見える枯れ色の堤防は揖斐川と長良川の間のものです。

 正月の3日に同所を撮影していましたので、見比べて頂く為に左に載せてみました。 
 画像をクリックの上 拡大してご覧になってみて下さい。

41img_8206 42img_8216 43img_8214


                一筋のみ町  暢一


        ----------------------------------------------------


 51img_8202

52img_7526 上の画像は河口堰の反対側の河口方向を撮影したもの。
 やはり1月3日に撮影した同所が左の画像です。

 画像の右側に写るのは 河岸沿いに手前から 泉鏡花の「歌行燈」で知られる船津屋で有名な旅館街、伊勢路の起点である七里の渡し、桑名城址の九華公園へと続く辺りです。
 因みに微かに写っている川向こうは長島温泉とレジャーランドで知られる長島スパーランドがある所。
 序でに云えば、同じ経営の広大な植物園 なばなの里は長良川河口堰の向こう岸辺りに位置します。

        ----------------------------------------------------


61img_8197

62img_7516 河岸の駐車場の南端に建つ住吉神社
 左の画像も1月3日に撮影した同所です。

 住吉神社については桑名市の観光ガイドに要領良く載っていましたので下記に抜粋してみます。
 『桑名は古くから伊勢湾、木曽三川を利用した広域的な舟運の拠点港として「十楽の津」と呼ばれ、木材や米等の集散する自由活発な商業都市として発達してきました。住吉浦は、廻船の舟溜りで、全国から多数の廻船業者が集まっていました。この人たちによって航海の安全を祈り、住吉神社(現大阪市)から勧請してこの住吉神社が建立されました。神社前の石灯篭2基は、江戸時代の材木商達が寄進したものです。なお、近年は太一丸堤の上にあった神明社が合祀されています。ここから、伊勢大橋・多度山方面の眺めは水郷桑名ならではの趣があり、水郷巡りの発着点として利用されています。』

71img_75242 72img_7549 73img_7522

 住吉神社は1715(正徳5)年に建てられました。 しかし現社殿は新しく見えましたので 恐らく最近の護岸整備に伴なって新築されたのではと思われます。 しかし画像にも写っている常夜燈は1788(天明8)年12月に建立されたものだそうです。
 また初日の出を拝む名所としても住吉神社は有名です。


8img_7520

 境内に句碑が建っていました。 
 
                水神に守られ冬も大河なり  山口誓子


        ----------------------------------------------------

 尚、長良川や河口堰については以前に下記の記事後半にて触れた事があります。
 宜しければクリックの上 ご覧下さい。
               ↓
          ≪フォト俳句(253)≫9/30 ③ 岡崎行 (近鉄特急車窓)

                        <全画像拡大可>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

諸戸氏庭園 (桑名市) & お香

 6月早々にIP電話を契約しました。 NTTから新しいモデムを取り寄せて付け替えたら、ネットに繋がらなくなってしまい焦りましたが、ま~ちょっとしたミスが原因で一両日で解決してやれやれです。
 それやこれや所用が多くてまた少しご無沙汰をしてしまいました。

 今日は雲が多いものゝ、陽は射しています。 いつもの室温計は正午前にて23.6℃ですが、屋内での素足は少し冷える感じがします。
 昨年6月の私のブログ記事を見てみると6月8日に関東までが梅雨入りしたと書いていました。今年も同じように梅雨入りが近いようですね。

       ☆ 本日 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢 を更新致しました。
         下記をクリックの上 ご覧下さい。

        ≪フォト俳句(283)≫6/5 諸戸氏庭園 (桑名市) & お香


              20070603154149_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

九華公園 (桑名城址)の桜

 ここ数日 はっきりとしない天候が続きます。 室温は20℃近くに落ち着いていますので凌ぎ易いですが、夜はまだ置炬燵を点ける事もあります。

 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢は前回 なばなの里(桑名市長島町)をご紹介しましたが、その帰路に楽しんだ九華公園 (桑名城址)の桜にて本日更新致しました。 下記をクリックの上 どうぞご覧下さい。

                    ↓

          ≪フォト俳句(280)≫4/23 ② 九華公園 (桑名城址)の桜


1img_6401

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

なばなの里(桑名市長島町)

 昨日午後から降り出した雨は明け方近くで止みました。 今日は日は射しているものゝ、雲も多く薄々とした肌寒い日です。 正午前の室温計も13.5℃を指していて季節が少し逆戻りしたような感じがします。

 先日 桑名市長島町にある広大な植物園 なばなの里へ行ってきました。
 本日 ≪‘のぶ`のフォト俳句≫~from伊勢 にて記事に致しましたので、下記をクリックの上 どうぞご覧下さい。
                ↓

          ≪フォト俳句(279)≫4/19 なばなの里 (桑名市長島町)


        129441_1175584952

| | コメント (0)

2006年6月10日 (土)

牡丹寺

Phjfile_37

今日はどんよりとした曇り空で始まりましたが、段々と明るくなり午後3時頃には日が射し出しました。
気温も20℃前後と過ごし易い日でしたが、北海道では雪が降ったようですね。

母と二人にて牡丹寺として地元では有名な松阪市の朝田寺へ行って来ました。

Phjfile_36

松阪市の朝田寺、松坂市では有名なようですが隣の市である伊勢在住の私は此の度教えて頂く人がいて知りました。
土地々々に広くは知られていなくても佳き名所があるものですね。

  牡丹寺の牡丹の彩の錦鯉  暢一


Phjfile_35

黄色の牡丹が丁度咲いたところで運が良かったですね~とお寺の方に言われました。
私にはよく分かりませんが、黄の牡丹は珍しいのだそうです。

(H18/5/2)

| | コメント (0)

牡丹

Phjfile_34 
松阪市の朝田寺です。親孝行のつもりで87歳の母と。
昨日は夏日の所も多かったのですが、今日は一転全国的に気温が低く北海道では雪が降ったそうです。
メーデーで詠もうか牡丹で詠もうか迷ったのですが、面倒なので両方とも。

     牡丹寺に遊びメーデー無縁なる  暢一

(H18/5/2)投稿先「りんのいほり」 

| | コメント (0)